• フェス

新しいライブスタイルへのトライアル。森から配信されるライブ。多摩あきがわ #ライブアットホームVOL.2開催。

2020.05.29 Fri

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

 東京・代々木公園で、季節ごとに開催されているコミュニティ・フェスティバル「アースガーデン」。手作りのクラフト作品にも出会えるマーケットであり、オーガニックやエコロジーといったライフスタイルや様々な人やものとの出会いをもたらしてくれる場として、長く人気を集めているフリーフェスだ。アースガーデンでは、道志の森キャンプ場で開催されている「ナチュラルハイ!」や、 標高1500メートルを超える八ヶ岳での「ハイライフ八ヶ岳」といった野外フェスもオーガナイズしている。

 アースガーデンが、コロナ禍の今、新たなライブの場としてトライアルしているのは「多摩あきがわ #ライブアットホーム」。東京・多摩の秋川流域の豊かな自然の中でライブ。第一弾として5月中旬に青柳拓次(KAMA AINA/Little Creatures)、勝井祐二(ROVO)、Yaeなどが出演したライブ&トークが配信された。そして5月30日に第二弾が行われ、配信される。この2回とも無観客での配信だけなのだけれど、いずれは限定集客してのライブを目指しているという。

 緊急事態宣言が全国で解除され、自粛が緩和されている。けれど東京でのライブハウスの営業再開は、見通しが立っていないというのが現状だ。5月28日に大阪で発表されたガイドラインでは、「施設内は原則着席とし、できない場合は客どうしの距離を一定程度離すとともに、ステージと客席の間も一定程度離すか、アクリル板や、透明のカーテンなどで遮蔽することを求める」。生配信は、世界同時性という部分では大きな魅力を持っている。自宅で世界のライブが見られし、ライブするアーティストにとっては世界に向けて発信することができる。一方で、手軽にライブが見られることによって、さらにライブが持っている現場感、そこにいることで感じられる豊かさを求める人も多くなってくるはずだ。密閉、密集、密接の3密ではない野外の空間だからこそ可能なライブ。「多摩あきがわ #ライブアットホーム」は、新しいスタイルのライブの楽しみ方を提案している。

多摩あきがわ LIVE@HOME
開催日時:5月30日(土)18時〜20時20分
出演:Michael Kaneko (Trio se)、佐藤タイジ&勝井祐二、Auto(TENT SoundSystem)、南兵衛@鈴木幸一、ほか
料金:無料配信(寄付歓迎)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧