• ごはん

家の魚焼きグリルでダッチオーブンが使える!台所のマストアイテムになる「南部鉄器ベイクパン」

2013.08.27 Tue

 みなさんもキャンプ場で一度や二度目にしたことがあると思いますが、鋳鉄製の鍋「ダッチオーブン」は、キャンプ料理好きが手放せない魔法のクッキングツール。なにせ煮る、焼く、蒸す……など一台でいろんな調理に使え、焚き火やツーバーナーにセットしておくだけで、おいしい料理がいとも簡単にできてしまいます。食材の旨みをぎゅっと凝縮した、シンプルで手軽な味わいに「家でも使いたい」と思う人も多いでしょう。

 そんなダッチオーブン、「魚焼きグリル」にすっぽり入る長方形の薄型タイプがあるのをご存知? 両手の平にのる小型サイズで、ダッチオーブンの“重い”という印象もない、とっても気軽なアイテムなんです。

 使い方はとても簡単。下味を付けた肉や魚、切ったままの野菜を放り込み、フタを重ねて魚焼きグリルで加熱するだけ。鶏のモモ肉の調理ならわずか15分ほどで焼き上がります。その調理時間の短さは、5cmという薄さで内部空間が狭く、熱効率が抜群のため。小さなガスコンロの炎でも効率的に熱がまわり、少量の調理もおいしくできるのだそう。

 もちろん、フライパンのように使うこともできるし、フタがフラットなので、キャンプで焼けた炭を載せて上火調理も可能。フタの裏側にはスキレットと同様に蒸気を生かしてムラなく仕上げるための多数の突起もあり、そしてIHにも対応します。

 夏野菜のグリル、スペアリブ、ハンバーグ、焼き芋……。銀杏を焼いてもいいし、焼き枝豆もおいしいですよね! お皿としてもダッチオーブンごとテーブルにサーブできるこのアイテム、キャンプから友達との家飲みにもオススメです。

岩鋳/南部鉄器・グリル用ベイクパン(鋳鉄製)
■セット内容:

・グリル用ベイクパン

・ハンドル2個

・木台1個
■サイズ:ヨコ25cm×タテ18cm(ハンドル含む)
     厚み フタあり5cm、フタなし4cm
■重さ:約2.5kg
■価格:5,775 円(税込み)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント