line_box_head

東京の夜景? だけじゃなくって関東平野の夜景を見ちゃう?

(2013.05.13)

アウトドアのTOP

icon

画像

たとえばテントを張ればこんな感じ。頭上には星、目の前にはテントの明かり、そして見渡せば都市の明かりが夜空を照らす。ロマン、であります

画像02

関東平野一望。もしかしたらスカイツリーかも、って思われるものもありますが、特定できませんでしたので各自ご自由にお楽しみください

画像03

ハイ出た、東京都最高峰。標識には「Saitama PRF(埼玉県)」の文字も読めますが、まぁ気にせず。遙か山並みの向こうには、富士山が見えているけど分かるかな〜〜

画像04

雲取山はコケ類も美しい。特に頂上を避ける巻き道の森の中は絶品。一部登山道が崩れているので通り抜けはオススメできない。雲取山荘から10分程度のピストンでお散歩がナイス

 そりゃもうベタベタではあるけれどデートっつったらゆったりとしたジャズなんか聞きながら、夜景にシャンパンがお決まりですが。アウトドア大好き人間たちにとっては新宿はオーバー50階に位置する天空の小粋なバーが密かにイタリアの職人に発注したまるで焼きたてパンのように柔らかいソファよりも、そろそろ10年が越えるほどに旅を共にしてきた愛用のサーマレストマット、はたまた風にゆられる梢のように酔いにまかせてゆらゆらと、酔えば酔うほどよく揺れるALITEの適度にしっかり、ほどよく優しい座り心地の方がはるかに心を落ち着かせることができたりするわけです。音楽はやっぱりジャズですが、ここはiPodの小さなイヤフォンから流れ出るのでじゅうぶん。お供は同じシャンペンだとしたも、シェラカップになみなみとそそいでそれこそ浴びるようにいただけば、そりゃもういい調子なんてもんじゃありません。
 
 そんな夜をどこで過ごすかと言えば、新宿のビルに比べれば何倍高いか分かったもんじゃない、東京都最高峰の雲取山。その頂上近くにある雲取山荘キャンプ場なわけです。

 なんせキャンプ場からは木立越しとはいえ関東平野の夜景が地平線まで続き、もしや新宿の高層ビル群も足もとに見下ろすというポジション。あまりの光の粒の多さに、宝石箱をぶちまけたと言うよりはデタラメに色を塗ったという身も蓋もない感想を漏らしてしまう。そのくらい、みたことのないレベルの夜景が広がります。

 加えるならば星の美しさも抜群。見上げればアタマの真上はまさに満天の星。しかしその視線を徐々に下ろしてくれば、星々は徐々に町の明かりにかき消されていき、ついには町の明かりが星よりも眩しく輝くというロマンが待ち構えています。

 ことしは雪が消えるのが遅かったものの、5月も中旬を越えればついにアイゼン不要の気軽なハイキングシーズン到来。水場キレイ、トイレキレイ。しっかり設備の整ったキャンプ場は、おそらく奥多摩界隈のキャンプ場でもトップクラスのグッドホスピタリティ。キャンプ初めてのガールズたちもこれなら安心と太鼓判をドンとついてオススメいたします。

 ま、とは言え東京都最高峰、5月中旬の声を聞いても日によっては気温は低く、時には0度にはならないけれどまぁまぁ、いやそこそこ、場合によってはマジで寒い。防寒はしっかりと当たり前のことを申し上げますが、それも温かいメシや酒や、あるいは寝袋のぬくぬく加減が心地好いっていうことでもあります。

 昼間はじゅうぶんに快適で、夜はキャンプの醍醐味を味わい、星と夜景を楽しむ。梅雨まではこんなハイキングを一泊二日で楽しんだりするのが良いのではないかというご機嫌伺いでございました。

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot