line_box_head

これが三頭山の名前のヒミツ! 都会のオアシス「都民の森」に行ってきた  〜その2〜

(2013.08.15)

アウトドアのTOP

icon

画像

三頭山へ至る山道の脇にはせせらぎが。まずはこの瑞々しいルートから

画像02

渓流沿いの散策路も、石造りの階段が整備されていて歩きやすい。っていうか、これだけの階段を造った手間と労力を考えると頭が下がる思いです

画像03

到着! 三頭山です

画像04

あれれ、こっちにも三頭山。というわけで、徒歩数分で二つ目の三頭山ピークに到達

画像05

実はピークは三つありました。とは言っても、一番高いのは二番目の中央峰。続いて三番目の東峰。最初に出会う西峰が一番低いとは、なんだかはぐらかされた気分

 三頭山(みとうさん)は都民の森の中にある標高1,531mの山。ここに向かうには、三頭大滝(みとうおおたき)からさらに渓流沿いに登っていきます。

 最初のうちは渓流のせせらぎに癒されて足取りも軽々。みずみずしい木々の緑を楽しみながら、時に現れるキノコやコケに感動しながら歩を進めます。が! 道は次第に斜度を増して歩きごたえのあるものに。
 三頭大滝から先のルートも整備はされていますが、決してスニーカーでも十分、といえるルートではありません。ところどころ濡れた岩があらわれて足下も滑りやすくなります。サンダルなどはとんでもない。どうやらここは手応えのある「山歩き」を楽しめる区間のようです

 とは言え、このいかにも「山歩き」然としているのは三頭大滝から大沢山(おおさわやま)まで。その先のムシカリ峠までは、尾根の森の中を歩くなだらかな道。しっとりと湿ったグリップのいい土道が続いて、のんびりと歩くことを楽しめます。

 ムシカリ峠までたどり着けば、目指す三頭山はもう目の前。最後にぐいっとひと登りすれば、一気に視界は開けてそこには広場が。おめでとうございます、やっと三頭山です。お天気が良ければ日本一高い富士山や、東京都一高い雲取山が見えるハズです。

 ここで一服して、さぁこの先は下りだと歩き始めますが! なんと再び三頭山が登場。どうなってんの? といぶかしんでさらに歩けば、三たび三頭山が現れる! そう、三頭山の名前の由来はこの形にありました。なんとピークが三つも!。サザエさんの髪型もかくやと思わせるストレンジシェイプな山こそ、都民の森のシンボル「三頭山」なのでした。

東京都檜原都民の森
http://www.hinohara-mori.jp

〜つづく〜

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot