line_box_head

【歴史を歩いてみよう】第1回 石田三成と豊臣秀吉、運命の出会いに思いを馳せて

(2016.03.21)

アウトドアのTOP

icon

 山を歩けば、そこはいにしえへの入口…。遠いむかしに思いを馳せながら、さまざまな山をめぐる新シリーズ「歴史を歩いてみよう」です。記念すべき第一弾は、石田三成。秀吉との運命の出会いを果たす、あの場所です。

 石田三成は、1560年に近江国坂田郡石田村(現在の滋賀県長浜市石田町)に生まれました。のちに関ヶ原の戦いで、敗北してしまう西軍の主導者です。最期の最期まで豊臣家に尽くした、そんな印象の武将ですが、きっと秀吉への強い忠誠心があったのでしょう。

 最近、三成CMなるものが公開され、少し話題になっています。さらに今週末の3月26日(土)には、「三成フェス」(※申し込みは終了しています!)が開催されるようで、三成熱はますます高まる予感がします。

 三成が秀吉に仕えるきっかけとなった逸話に、三献茶のお話があります。

 ある日、長浜城主となった秀吉は、領内に鷹狩りに出かけました。その帰途で喉が渇き、ある寺に立ち寄って茶を所望します。寺にいた小姓は、最初に大ぶりの茶碗いっぱいにぬるめのお茶を出しました。秀吉は一気に飲み干し、もう一杯欲しいと頼みます。次にやや小さめの茶碗に、一杯目よりも少し熱めのお茶を煎れて出しました。
 さらに秀吉は、もう一杯頼みます。すると小姓は、小ぶりの茶碗に熱く点てたお茶を出しました。相手の様子を見て、相手が欲しいと思われるものを出す。小姓の気の働きように秀吉はいたく感心して、召し抱えることにした、というお話です。その小姓こそが石田三成でした。

JR長浜駅前にある三献茶の銅像。三成が秀吉に召し抱えられた年齢は諸説あるようです。どんな出会い方だったんでしょう…。

 このエピソードは、三成がとても気の利く人物だったということをうかがわせるものですが、江戸中期の説話集『砕玉話』(『武将感状記』)に出てくるので、真実の検証は難しいといえます。でも、大原観音寺は、横山城の麓にあります。秀吉が近江に入った最初に横山城を拠点にしていたこと、三成の父・正継が大原観音寺の有力な檀家であったことを考えると、ふたりの出会いの舞台はこの寺であった可能性は高いかもしれません。

観音寺にある「石田三成 水汲みの井戸」。三成が水を汲んだとされる井戸の跡があります。

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot