line_box_head

ミリファン卒倒。オークリーの社用車に脳天をブチ抜かれる

(2013.03.21)

ファッションのTOP

icon

オークリー社用車

日本で社用車と言えばライトバン。OAKLEYではゴッツいトラックかミニバンを指す。中央にあるのは魚雷。一時はメインホールの真ん中に置いてあり、ベンチ代わりに使われていた

オークリー機関銃

デザインセクションの近くの廊下には機関銃とウェイクボードが。銃器の持つ徹底的な機能美は、OAKLEYの製品に通じるものがある

オークリー本社ドア

完全に悪のり。普通のドアに「ブラストドア(緊急時に爆破して開ける特殊なドア)だから注意!」の表示が。OAKLEYだけに、ロボットの画がなかったら信じそうになるけれど

 サングラスブランドのオークリーの本社がカッコよすぎて悶え死ねる件シリーズ【その4】。

 実際オークリー(OAKLEY)の技術力は、その製品が米軍に採用されていることからも見て取れる。ゴーグルやアイウェアはもちろん、バックパックやミリタリーブーツ、手袋、衣類など。僕らが普段触れているOAKLEY製品はそのままタクティカルなシーンにも繋がっているのだ。こういったミリタリー関係への製品提供は戦争を肯定するものではなく、極限状態で使用者の安全や快適性を確保するという理念から。銃弾がかすめ飛ばしたコンクリートブロックの細かな破片さえもブロックするアイウェアや、静かに身を隠しているときにも曇らないゴーグル、あるいはガレキの山の中を歩き回っても足を保護するブーツなど。ミリタリー関係への製品提供は、「極限でも機能性を失わない」という自信の現れなのだ。

 だからここまでやるし、これをやれるのがOAKLEY! なんと社用のプロモーションカーはかなりのミリタリー仕様。軍用車そのままのいかめしい面構えとカラーリング。とは言えデザイン性を重視しているOAKLEYだけに、ただミリタリーフレイバーを載せただけではない! こまかな部分にリベットをうちこんだり、足回りは街中仕様でハイクラスのホイールをおごるなど、遊びの要素は忘れない。こんなのが社用車だなんて、あまりにステキすぎる!!

 おまけに社内は悪ノリが加速したのか、機関銃が置いてあったり、「爆破式ドアにつき注意!」の表示があったり。極限環境で性能をキープするクォリティーは、その自信とプライドをこんなところにまで広げているのだ。

 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot