line_box_head

手軽に気軽にフォールディングチェアだけで自然を楽しむ『チェアリング』のすゝめ

(2019.10.07)

アウトドアのTOP

icon

 フォールディングチェアひとつで自然を楽しめる『チェアリング』にハマっている。リラックスできる場所を探して椅子を広げてくつろぐだけの簡単な遊びだ。必要な道具も少なく敷居の低いアクティビティだが、運動や読書、食事や仕事など様々な組み合わせができ、思い思いの楽しみ方ができるのだ。

 ボクの最低限の装備は、Amazonで1,600円ほどで購入した椅子、水筒、本やノートパソコンとこれらを入れるバックパック。写真は、お気に入りの湖畔へ行くときの装備だ。家だと誘惑が多くなかなか進まない仕事や読書や映画鑑賞しながら、飽きたらストレッチや運動し、湖面の釣り船を眺めて過ごしている。

 チェアリングを知る前は、ベンチやテーブルがある近所の川辺や里山に行っていた。環境としては最高だが、場所が限られ、高さ的に落ち着かないベンチが多い。そんな時にAmazonで安くてコンパクトな折りたたみチェアを見つけ購入。これが程よい高さと座面の広さで、とても落ち着くのだ。家で集中力が上がらない時は、これだけの荷物を背負って気軽に散歩しながら、ブログやYouTubeなどの作業をこなしている。

 もともとひとつのエリアを隅々まで歩き、自分だけの地図を作るウラヤマ探検スタイル。ほとんど使われていない静かな休憩場所はたくさん知っていた。さらに新しいルートや休憩場所を探しながら、探検チックなチェアリングを楽しんでいる。

 最初は家の近所をグーグルマップを使い、神社仏閣や公園を巡るだけで楽しい。近くに里山や川、海があるのなら行ってもいいし、ランニングや腕立て伏せなどのトレーニングと合わせても楽しい。とても気軽にできるので、思い思いの自分スタイルで楽しんでみてほしい。

 湖畔から里山に登って帰ってくる、登山と合わせたチェアリングを動画で紹介。

 
 
ライター
森 勝

低山小道具研究家。元アクセサリーデザイナー。発明コンテストで賞金10万円を獲得した経験もあるギア好き。ブログは自転車とアウトドアライフ(遊び)

line_box_foot