line_box_head

パックラフトでス〜イスイ、お江戸を漕いでみよう

(2016.03.26)

アウトドアのTOP

icon

 都会のド真ん中を漕ぐ——。いつかはやってみたいなぁと思いつつも、なかなか機会に恵まれなかった。都会なんてところに住んでいると、どうも腰が重くなる(と、都会のせいにしてみる)。そんな折、「パックラフト in 大都会〜春のお花見ver.」開催参加者募集中という絶好の便りが届く。これはいいチャンス!と、さっそく参加してみることにした。

ガイドのハナさん(中央)。春先から秋にかけては、群馬県みなかみ町を流れる利根川の激流をガイドする。数少ない実力派女性ガイドであり、頼もしい存在。パックラフトが楽しい!とさまざまなツアーを企画中だ。

 今回参加したのは、群馬県みなかみ町に拠点を置くカッパクラブが主催するツアー。経験豊富なガイドが同行するこのツアーは、初心者もOK。川や周辺の下調べもしっかり行われていて、安心して参加できる。また、参加者にはドライスーツが貸与され、雨が降らない限りほとんど濡れる心配はない。

 パックラフトはインフレータブル(空気を入れて膨らませる)の一人乗り用のフネで、重量も軽く、扱いやすいという。フィールドでの機動力も高く、水遊びの可能性を感じさせてくれる。何人かで漕ぐラフティングと違って、自分の思うままに自由にフネを操れるのはなにより楽しい。

片手でもヒョイと持ち上がられるほど軽いパックラフト。丸みを帯びたほうが前、尖っているほうが後ろ。

 ドライスーツを着て、ライフジャケット、スプレスカートも装着。漕ぎ方とパックラフトの扱い方の説明を受ける。レクチャーが終わると、いよいよ出発。青空の下、パックラフトに初乗艇。安定感は十分、回転性がありながらも推進力はしっかりあるので、ホワイトウォーターカヤックのように、漕ぐたびにくるくる回ってしまうといったことはない。しばらくすると、全員フネに慣れて操船も思うままに出来るようになっていた。

かつては大川と呼ばれた隅田川。遠くにスカイツリーを臨む。大きな観光船などが航行すると引き波を受けるが、ゆらゆら揺れる程度。

 東京の川というと、ニオイなどはどうなのだろう…と気になっていたが、あまり感じなかった。ただ、気温が高くなると(夏季など)気になるという。最近は川の清掃・浄化活動も積極的に行われ、清流を取り戻そうという動きが広がっている。

神田川の水面。思っていたより透明度が高く驚いた。漕ぐたびに水面が輝いて、きれい。

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot