line_box_head

【短期集中企画】MERRELL アークティック・グリップ インプレッション 〜その3 北海道車泊放浪の旅 編〜

(2017.02.05)

アウトドアのTOP

icon

濡れた氷の上でも滑りにくいと評判のMERRELL「MOAB FST ICE+ THERMO(モアブ FST アイスプラス サーモ)」と「AURORA 6 ICE+ WATERPROOF(オーロラ 6 アイスプラス ウォータープルーフ)」。このシューズをアウトドアライターたちが取材の現場に持ち込み、リアルな感想をお届けする短期集中連載。最終回となる第3回は、全天候型フリーライター・ホーボージュンさんが北海道でインプレッション。今年は痛い思いをしないですんだようです。

 

【ARCTIC GRIP IMPRESSION 3】
——雪国実地インプレッション——
滑らない。そしてドライビングに最適。これぞ真冬の放浪旅シューズ

 おいっすホーボーっす。
 去年はアジアをあちこち旅して回っていたけど、今年もやっぱりほーぼー行ってる。毎年僕は冬になるとワンボックスカーに犬とスノーボードを積み込み、低気圧とパウダースノーを追いかけて雪山を旅する。今年は正月明けから北海道に渡っていて、いまこの原稿を書いているのは大雪山系の麓にある道の駅だ。

暖かい寝袋があれば、車を留めたところがその日の家だ。夏は海を旅して、冬は雪山を漂うのだ

犬の散歩を兼ねて北海道の里山を歩く。200メートルほど標高を稼げば、遙か彼方まで平地が広がる様子を見渡すことができる。なだらかな丘からでも、この大地の広さがよく分かる

 この時期の北海道は最高気温が氷点下なんて当たり前。昨夜はなんとマイナス28度まで冷え込み、鼻毛がマチ針みたいに凍り付いて、息をするたび痛かった。夜中に立ちションをしようと思ってジッパー開けたら、シベリア寒気団が流れ込んでおもわず貞操の危機を感じたほどだ。

大雪山の麓・東川町の道の駅で。夜中にトイレに起きたら、温度計はマイナス19.1℃。街を散歩すると、製材所の屋根からはつららが所狭しと伸びていた。ここでは、すべてのものがガッチガチに凍りつくのだ

 さっき抜けてきた国道40号の電光掲示板には「路面温度マイナス15度」の表示が出ていた。凍り付いてツルツルに光る峠道のドライブはいつも冷や汗ものだが、それは歩いている時も同じ。ちょっと油断をしてると派手にすっころぶ。そんな旅の暮らしを支えてくれているのがメレルの新作だ。

 この「モアブ FST アイスプラス サーモ」がアウトソールに採用している「アークティック・グリップ」という特殊素材はアイシーな路面で強大なグリップ力を発揮する。僕も「氷の上でやたらグリップするシューズがある」という噂を聞いてメーカーの氷上デモンストレーション動画なんかを見ていたのでその性能は知っていたが、実際に現場で使ってものすごくビックリした。なにしろ「ほんとうに」滑らないのだ。

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot