line_box_head

GREGORY × Akimama 特別企画【Real Backpacking with GREGORY】が、いよいよスタート!

(2017.04.11)

アウトドアのTOP

icon

 今シーズンから、アウトドアのさまざまなテクニカルなシーンで活躍するプロフェッショナルたちが、グレゴリーのサポートクルーとして始動します。アルパインクライミングやスキー、スノーボードのガイドから、トレイルランナー、写真家、イラストレーター、野外料理研究家まで、日本のみならず世界のフィールドを舞台に活躍する彼らの活動をグレゴリーがサポートします。また、これまでも多くのユーザーから支持されてきたグレゴリーですが、今回メンバーとなったサポートクルーたちは、いずれも日本を代表するアウトドアズマンであり、グレゴリーのオフィシャルサポーターでもあります。実際に彼らはそれぞれの分野の最前線でバックパックを使用、フィールドで得られた貴重な意見をフィードバックし、製品の開発や品質の向上に役立てていくとのこと。グレゴリークルーは、これからも続々とラインナップされる予定ということなので、彼らの活躍に今後ますます注目です。

 そこでAkimama(アキママ)では、今シーズンから、グレゴリークルーとなったメンバーのプロフィールやこれまでの旅のハイライトを順次紹介する企画「Real Backpacking with GREGORY」を開始します。この企画では、グレゴリークルーの山旅だけでなく、雑誌や書籍などのメディアで活躍するアウトドアライター陣も実際にグレゴリーを背負って、山に向かった旅をレポートします。昨年、大好評だったホーボージュンさんによるアジアのトレイル紀行【Asian HOBO Backpacking】に続く連載企画です。
 人はなぜその場所に向かうのか? アウトドアのさまざまなフィールドで活躍するプロフェッショナルたちそれぞれが語る場所の記憶。心の重荷を降ろし、背中に自由を詰め込んで、おおらかで解放的な山旅へと誘うマウンテントラベローグに乞うご期待。

第1回目は、グレートヒマラヤトレイルを旅する写真家・飯坂大さんです。

 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot