line_box_head

天国行きのフェリーボート  週末プチ密航のすすめ

(2013.02.23)

アウトドアのTOP

icon

画像

「グワン、グワン、グワ~ン!」出港を告げる銅鑼の音とともに竹芝桟橋を出発する東海汽船のフェリー。さらばトーキョー!

画像02

ひと夜明ければ、そこは温泉アイランド(しかし、ここもトーキョー!)。さてさて、何して遊ぼうか

画像03

島の商店でとれたての食材を物色。島の港にあがった魚や、アシタバで晩御飯を作るもの楽しい

画像04

実生活ではまず望めないオーシャンビュー! な釜の下キャンプ場。目の前の海で釣りや海水浴が楽しめる。塩ぬきはもちろん、温泉で!

画像05

視線を読ませない黒目がちな瞳と、山型の眉毛がチャームポイントの長谷部さん。野外活動に関するお願いなら、たいていのわがままには応えてくれる。らしい

 仕事帰りに船に飛び乗れば、翌朝は湯けむり漂う別天地――。

 ひと晩眠っているだけで、「都会→天国」の劇的な変化を体験できる旅がある。出港地は東京のとあるオフィス街のはずれ。この桟橋を深夜に発つ船に乗れば、翌朝、そこは黒潮洗う陽光降り注ぐ離島だ。

 潮風が気持ちよい岸壁で出迎えてくれるのは、浅黒く日にやけた島民たち。でも彼らが乗っている車を見ると・・・ 品川ナンバー!? そう、ここは東京都の一部である伊豆諸島。とある桟橋とはJR浜松町駅徒歩10分の竹芝桟橋だ。

 竹芝桟橋から乗り継ぎなしで行ける伊豆諸島の有人島は大島、利島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島の7島。それぞれに自然、歴史、文化が異なり、島ごとにまったく異なる体験ができるが、島旅初心者でもとくに楽しみやすいのが式根島だ。

 その理由は、アクセスのよさとこじんまりとした大きさにある。船が式根島の港に入るのは午前9時5分。金曜の夜に東京を発ち(といっても、式根島だって東京都なんだけど)、日曜日中に帰るプランでもたっぷり26時間島に滞在できる。島の周囲は約12㎞とほかの島に比べてちいさいので、レンタルサイクルでまわることができるうえ、キャンプ場も整備されている。

 このキャンプ場をベースにして、海での釣りはもちろん、スノーケリングやハイキングを楽しめる。しかし、いちばんの島のみどころは各所に湧き出る天然の温泉。泉質の異なる温泉をめぐる「いで湯ホッピング」は式根島ならではの楽しみ方だ。

 こんな理由から、式根島はバックパッキングでの旅先にぴったりの島だが、これだけ環境が整っているのだからぜひテントを担いで訪れたい。「やってみたいけど、ひとりではちょっと・・・」という人は、以下のようなプログラムに参加されてはどうだろう?

 講師は世界各国を精力的に旅し、さまざまな野外活動のインタープリテーションを行なっている長谷部雅一さん。キャンプの基本技術や野外での自炊、ひとり旅のコツなど、金曜深夜の逃避行の手ほどき・・・もとい「バックパッキングのはじめの一歩」を伝授してくれる。

 技さえ盗んでしまえばこちらのもの。同僚には秘密の金曜発、日曜帰りの週末プチ密航を楽しもう。

※島旅入門ツアー

Be-Nature School プログラム おとなの自然塾『島旅 backpacking』

天然の海中温泉に、星と海を眺めながらのキャンプ。
島の食材を調達し、火を囲み、自炊を愉しむ。
ゆったりと、静かにながれる島時間に身を委ねてみませんか?

【実施概要】
日時:2013年3月29日(金夜21:00)-3月31日(日) 2泊3日(船中1泊)
旅先:東京都 式根島
講師:長谷部雅一
定員:10名
参加費:23,000円 
※ キャンプ道具一式レンタル可(別料金)
※ 現地までの交通費は含まれません。
※ 現地での飲食費は各自負担です。

※ツアー詳細は上記ツアータイトルをクリック!

 
 
ライター
藤原祥弘

野生食材の採集と活用、生活技術につながる野外活動などを中心に執筆とワークショップを展開。twitterアカウントは@_fomalhaut

line_box_foot