line_box_head

今、災害復興で自分ができることとは? KEENが九州北部豪雨の緊急支援を決定!

(2017.07.11)

アウトドアのTOP

icon

画像

7月7日には現地入りしたOPEN JAPANスタッフ。毎日の報告はOPEN JAPANのブログで読むことが可能。テレビにも映らないリアルな被災地の声が聞こえてきます。

画像02

現地に土曜に入ったKEENスタッフ。KEENのマッチング・ペイは熊本地震でも行われた。

画像03

被災地の一人一人に寄り添った支援活動が、OPEN JAPANによって行われています。

 7月5日から降り続いた豪雨で、九州の福岡や大分を中心に大きな被害が広がっている。少しでも早く被災地支援のためにはじめられることとして、KEENからマッチング・ペイを行うことが発表された。

 このマッチング・ペイとは、個人からの寄付を募る際に、企業や財団などが個人からの寄付額に一定の比率で上乗せし、同一の対象に寄付をするという仕組み。つまり1000円寄付したとしたら、その同額である1000円をKEENも寄付する。企業や団体が単独で寄付を行うよりも、呼び水の効果を果たしてより大きな社会貢献の成果を生むことが期待されるため、欧米の慈善財団などではこの手法が盛んに用いられているといいます。KEENは去年の熊本地震の際もこのマッチング・ペイを実施して成果を上げているという。

 自然災害によって被災地になってしまった地域に何か手助けしたい。寄付という形で支援したい。けれどどこに支援していいのかわからない、という人も多いはず。このKEENのマッチング・ペイは『一般社団法人OPEN JAPAN』に寄付されると発表されている。『一般社団法人OPEN JAPAN』は、東日本大震災をはじめ、昨年だけでも熊本地震や岩手県岩泉町の台風被害などさまざまな災害における被災者に対し、迅速な現地支援を行っている団体。今回の九州北部豪雨でもすでに被災地入りをし、福岡県朝倉郡東峰村など遠隔地域で、流木の除去や民家の泥かきなど生活復帰への支援を開始している。

 現地で活動している人に、支援を確実に送ることができるプログラムのひとつが、KEENのマッチング・ペイと言える。

期間:7月10日(月)~8月9日(水)の1ヶ月間

振込先などの詳細はKEEN ブログで。

一般社団法人OPEN JAPAN

 

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot