line_box_head

ジャンスポーツ×Akimama 「奥多摩むかしみちサイクリング」。電動アシスト自転車と「ハチェット」で “むかし” をめぐろう。

(2019.11.29)

アウトドアのTOP

icon

 若者に絶大な人気を誇るジャンスポーツ(JANSPORT)と、アウトドアカルチャーのニュースサイト「Akimama」のコラボイベントの第2回目が、11月17日に開催されました。今回のタイトルは……

JANSPORT×Akimama #ハチェットで行こう 秋のアウトドアツアー vol.3 「奥多摩むかしみちサイクリング」

 電動アシスト自転車で、奥多摩の “むかし” が残る道を、ジャンスポーツがオススメする「ハチェット(Hatchet)」を背負いサイクリングします。ちょうど紅葉の時期での開催で、さらに雲ひとつない快晴。どんな絶景が待っていたのでしょうか。

 暦でいえば立冬をすぎ、そろそろ秋から冬に変わっていく11月17日に、奥多摩でJANSPORT×Akimamaのイベントが開催された。寒さの心配もしていたのだが、当日はみごとな秋晴れ! 気象庁によると、奥多摩湖の気温は16.9℃を記録し、例年の平均気温より3.5℃も高かったらしい。とてもあたたかく、イベント日和の一日だった。

 前回は、Akimamaでライターとしておなじみの森勝さんによる、南高尾のハイキングイベント。そして今回は、奥多摩駅すぐにあるレンタサイクル店「トレックリング(TREKKLING)」のガイドによるサイクリングイベントだ。

トレックリングは “CYCLING” と “TREKKING” の造語で、レンタサイクルとトレッキングで奥多摩地域の自然を楽めるコースを多数を用意している。

 イベントは昼に、このトレックリング奥多摩店に集まるところからはじまった。参加者が集合し、まずはいちばんの目玉と言ってもいい、ジャンスポーツがいまイチオシのデイパック「ハチェット」選びを行なう。カラーバリエーションが豊富で、人数分しか用意されていない。そう、いきなり、好きな色のハチェットを奪い合うジャンケン大会が開催されたのだ! 勝った者の勝利の雄叫び、負けた者の悔しい呻き声、内心はっちゃけたいが淡々としている者、三者三様の盛り上がりをみせ、各自の元にハチェットが行き渡った。

 じつは、このイベントは、参加費=レンタサイクル代程度であるのに、なんとハチェットのプレゼントまであるのだ。ジャンスポーツが好きで、すでに何種類も持っていて、という参加者が多く見られ、みな一様によろこんでいた。

出発前にみんなでポージング。ミニベロ(小径車)とあなどることなかれ。変速ギアと電動アシストでどんな道でもスイスイ進む。

 出発前に、まずはスイッチの操作を教わる。アシスト機能にも強弱があるらしく、坂の傾斜、電池の持続時間、それらを考え強度を決めるといいようだ。その後、相棒となるヘルメットと電動アシスト自転車を選び、公道を走る上での注意点を教わり、ついに出発となる。

 店を出発するとすぐに「わー、大きい!」という声があがる。目の前に、奥氷川神社にある樹齢700年、東京都でいちばん樹高があり、天然記念物に指定されている三本杉がそびえ立っていた。そのまま青梅街道を約2㎞ほどひた走り「奥多摩むかしみち」に入っていく。

今回サイクリングするコースは、トレックリング奥多摩店から「奥多摩むかしみち」を走行し、奥多摩湖で折り返すという、走行距離約20㎞、標高差約200mの道のり。これだけ聞くと、つらいイベントのように聞こえるかもしれないが、そこは電動アシスト自転車、登り坂というのも忘れてしまうほどの軽快さで、疲れることもなく奥多摩湖についてしまった。

 江戸時代から存在する旧青梅街道と呼ばれていた険しい道が、明治32年に改修され、平坦になったのが、この「奥多摩むかしみち」なのだという。平坦、と書いたが、それでも多摩川沿いについた難所続きの道で、道中には、牛馬の通行の無事を祈った「牛頭観音」や、谷に落ちた馬の供養塔が点在している。

 といっても、現在は道幅も広げられ、車の通行もできるほどになっているので安心してほしい。

(左下)「境の清泉」と呼ばれる湧水。東京の名湧水に選ばれている。キレイな水の証として、まわりにはワサビ田が広がっていた。(右)画像ではわかりにくいが、普通の自転車では登るのをためらうほどの急坂。電動アシスト自転車では座ったまま登れてしまってびっくり!

(左)先頭を走るのが、ガイドをしてくれたトレックリングの出口さん。「奥多摩むかしみち」は砂利道も走る。大人になってから、こんな道で自転車に乗ることがなくなったため「ハードだけど楽しい!!」という声が上がっていた。(右上)左側に写っているのが樹齢200年の巨木「いろは楓」。この樹の紅葉はとくにすぐれている、といわれているらしい。もう1〜2週間で見頃だろうか。(右下)渓谷沿いは極彩色の木々が続く。

1 2
 
 
ライター
河津 慶祐

高山縦走からクライミング・沢登り・トレラン・バックカントリーと一年中オールラウンドに山を楽しむ。山道具好きが高じてライター・編集者に。典型的な器用貧乏で、やりたい事が多過ぎ、広く浅くになってしまっているのが悩み……。ブログは「Mountain Gear Laboratory

line_box_foot