line_box_head

まもなく開催! 夏の風物詩 京都「五山の送り火」、手に入れたい消し炭のステキな使い道

(2013.08.13)

登山のTOP

icon

送り火01

東山の「大文字」がとくに有名で、“大文字さん”と親しまれ、送り火の代名詞に

送り火02

京都市内が一望できる大文字の火床。小学生のハイキング行事でも使われる低山だ

送り火03

先祖供養や生存する人の無病息災が記された護摩木も送り火の点火資材となる

送り火04

かつては消し炭を砕いて粉末にし、病封じとして服用する習慣も

送り火05

奉書紙に巻いて水引をかけ家に吊るしておくと、魔除け、厄除け、盗難除けのお守りに

 お盆の過ごし方は日本各地いろいろとありますが、京都では毎年16日に、お盆にお迎えしたご先祖様の精霊をふたたび浄土にお送りする“かがり火”を山で焚く行事が行われます。みなさんもご存知、「五山の送り火」ですね。

 午後8時になると街の灯りが消され、京都盆地の周囲の山に、「大文字」「妙法」「左大文字」の文字や、鳥居、船の形を順に点火。約1時間静かに燃え続け、その間京都市内はとても幻想的な雰囲気に包まれます。「今年はどれを観る?」なんてやりとりが、16日には市民の間でなされるわけです。

 さて、意外と府外の人には知られていませんが、送り火の火床で燃えつきた松割りの炭を求めて、翌朝早くから五山に登る人がいるのをご存知でしょうか?

 浄火によって焚かれた「消し炭」あるいは「から消し」などと呼ばれるその炭は、同じく浄化されたものであり、家の軒先に吊りさげておくことで、1年間家庭の魔除けや厄除け、無病息災のお護りになると言われています。奉書紙でくるみ、水引で飾って次の送り火まで残しておく風習です。

 その消し炭を求めて、暗いうちから「消し炭登山」を行うんですね。登る時間が早ければ早いほど形が残る大きな消し炭が手に入り、豊作だった人はご近所におすそ分けしたり、お店のサービスとして配る……なんてケースもあるようです。

 ところで、最後に都市伝説的な話となりますが、過去には送り火の点火まで茂みに潜んで、巨大なライトで「大」を「犬」にしてしまおうという輩もいたとか、いないとか(笑)。……と思っていたら、講談社からそんなイタズラを企てる大人たちの小説『八月の犬は二度吠える』(著・鴻上尚史)が発売されているんですね〜。

 ちょうど京都へ帰省しているので、消し炭を求めてどこかの山へ登ってこようと思っているAkimamaスタッフでした。

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot