line_box_head

大雪山に雪の季節がやって来た!

(2013.09.19)

登山のTOP

icon

asahidake

真っ白に冠雪した北海道の最高峰、旭岳。9月19日の午前11時、姿見駅に設置された旭岳ライブカメラの映像。東川町ホームページ「大雪山国立公園 旭岳webview」より

 先日、大雪山はもう秋の装いが……なんて記事(「ちょっと気が早い!? いやいや、山の“紅葉”はもうすぐですよ!」)をアップしましたが、なんと、今朝(9月19日)には、もう初冠雪の便りが!

 旭川地方気象台の報道発表資料によれば、9月19日の旭岳の初冠雪は、平年と比べて6日早く、昨年と比べて25日も早い観測となっているそうです。

 北海道の上空に10月中旬並みの寒気が入ったことから、今朝の初冠雪となったようですが、これはこの秋、全国で最初の初冠雪の観測記録です。

 旭岳に雪が降ったと耳にすれば、ウズウズと落ち着きのなくなる“滑り好き”のみなさんも多いのでは? 今年の冬は、どんなシーズンになるんでしょうね。

 と、その前に“秋”のシーズンもお忘れなく。大雪山旭岳ロープウェイのホームページによれば、旭岳の中腹にあたる裾合平や姿見駅付近でも、紅葉の色づきが一層深くなって来たとか。今年の紅葉は想像以上に鮮やか! なんて言葉も踊っています。

 季節は巡る。暑かった夏も、もうどこへやらですね。今日は中秋の名月。秋の夜空を眺めながら、今シーズンの秋山の予定でも立てみようかな?

 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot