line_box_head

ロングトレイルは雪の下。スノーシューで登ってみた白一色の鍋倉山

(2014.03.16)

登山のTOP

icon

nabekura1

信越トレイルは雪の下。奥に見える山並みは、左から右へ、斑尾山、飯綱山、黒姫山、そして妙高山。信越トレイルは斑尾山から延々と続き、眼下にある稜線を伝ってこの鍋倉山の山頂を踏む。そして東の牧峠を越え、野々海峠を越え、遥か天水山まで至る。その全長は約80km!

nabekura2

こちらは、登山口となる温井の集落。除雪された道の路肩には、背を優に越えるだけの積雪が。3m以上もの雪壁が家をも隠すほどに連なっていた。駐車場があるわけではないので、地元の人に迷惑がかからないように車の置き場所には細心の注意を払いたい

nabekura3

鍋倉山は、ブナの山としても名高い山。温井から山頂へと至るルート上には巨木の森と呼ばれる谷があり、大きなブナの樹に出会える特別な場所。そのほか、雪庇に写った森の陰や山頂で見つけたエビの尻尾、そして真っ白な雪面に敷かれた美しきシュプールなど、雪山ならではの造形にテンションは上昇しっぱなし

nabekura4

冬の鍋倉山頂は、樹一本ない大雪原に。鍋倉の名は、なべをひっくり返したような山容から来ているだけに、山頂一帯は緩やかな起伏を持った地形になっている。樹林帯からこの雪原にポコンっと飛び出るときは、誰でもワォッと声をあげてしまうはず。とてつもなく、気持ちのいい場所だ

nabekura5

下山は鍋倉の山頂からさらに奥へと進み、黒倉山との鞍部にあるブナ林の谷を降りてきた。この谷がまたフカフカ、サラサラの雪に覆われていて神秘的なことこの上ない状態で、スノーシューに最適(もちろん、滑り系にも)。ブナの陰と雪面が織りなす一瞬の風景が、なんとも芸術的に見えてしまったので、思わずパチリ

 日一日と春めいてくる季節ですが、まだ、あるところにはあるのです。それも、たっぷりと。なにがって? 雪ですよ、雪。

 先日、スノーシューを履いて長野と新潟の県境にある関田山脈に行ってきました。その最高峰は、標高1,288mの鍋倉山。

 あれ? 関田山脈ってなんか聞き覚えがあるな、とピンッと来た人は、おそらく山歩きが大好きな人でしょう。そうです、あの信越トレイルが80kmにわたってその山稜を結んでいる山脈の名前です。

 でも、その信越トレイルですが、この雪の季節はガッツリとクローズされています。というよりもクローズ扱いとなっています。

 それもそのはずで、この関田山脈は日本有数の「超」が付くほどの豪雪地帯。風下側の吹きだまりなんて、6mとか8mなんてあたりまえのことも多々あるんだそうです。

 当然、稜線には雪庇が列を為して張り出していたりもします。いったん吹雪き始めれば、雪山歩きに慣れていない人には、とてもとても手も足も出ないような状況になることも。

 だから、信越トレイルのオープンは、雪解けが終わってコースが整備される6月の後半以降になるそうです。

 そう。だから、雪の季節の関田山脈は「稜線歩き」には、あまり向かないんです。でも、ピークをめざして麓からエッサエッサと登っていくには、なかなかに魅力的な山なのです。

 もちろん、足元にはスノーシューが必要です。ツボ足では、たぶんたどり着けません。スノーシューでもラッセルが必要な箇所もあって、真冬でも大汗をかいちゃうくらいですから。

 今回は偶然にも、前夜に吹雪いてくれたおかげで、サラサラキュッキュの雪がたんまり。おまけに、大陸から高気圧が張り出してくれたので、朝から雲ひとつない真っ蒼な晴天に恵まれました。

 アレやコレや言うよりも、写真がすべてを物語ってくれると思いますが、麓から汗をかきかき、歩くこと4時間強で山頂にたどり着くことができました。

 よくスキーやらスノーボードの滑り系の人々が使う言葉に“THE DAY”なんてのがありますが、これ、スノーシューにもバッリチと当てはまる言葉でした。この日はまさにTHE DAY、それもスペシャルの。

 鍋倉山の山頂からは、信越トレイルの全貌を見わたすことができます。もちろん、360度の大展望も。西の妙高火打から反時計回りに、雨飾、黒姫、飯綱、斑尾、志賀高原から苗場、八海山方面の山々、そして日本海まで!! ぐるりぐるぐる大展望です(違和感があったのは、柏崎の海岸にポッコリと突き出た煙突と凸凹の白い建物ですかね……ちょうど3月11日だったこともありまして)。

 鍋倉山がおもしろいのは、山頂の手前すぐのところまで樹林に覆われているのに、山頂直下に出た途端に大展望が拓けるところでしょう。山頂域の一画だけが、樹林帯から頭を出しているんです。

 当たり前ですが、植物はすべて雪の下ですから一帯は一面の大雪原になっています。もうどこもここも歩きたい放題。あのダイナミックさは、冬のこの季節にしか味わえないと思いますよ。真っ白な山頂で、もう思う存分テンション上げちゃってくださいね。

 というわけで、鍋倉山です。天気図をしっかりチェックして、雪降りの次に晴マークが来るようなタイミングをみつけて、ぜひ挑戦してみてください!! 豪雪地帯だけに、まだまだ楽しめると思いますよ。

 でも、雪崩にはご用心。あまりに春めいたあたたかい日は、スノーシュー日和ではありません。むしろ、キュキュと冷えた、寒い日が狙い目です。

(取材日=2014年3月11日)
                     

■鍋倉山/冬期登山情報

日帰り:歩行時間計 往復/約6時間
参考コースタイム[積雪期]:登山口・温井集落(1時間)管理小屋(1時間30分)巨木の森稜線(30分)巨木の森散策(1時間)鍋倉山頂(30分)黒倉山鞍部(1時間)林道出合(30分)温井集落
アクセス:冬期は登山口の温井までの公共交通機関はないので、タクシーかマイカーを利用。最寄りのICは、上信越自動車道の豊田飯山IC。電車利用の場合は、JR飯山線の上境駅。

地図:2万5000分の1地形図「野沢温泉」

山行アドバイス:無雪期には信越トレイルが敷かれる鍋倉山の山頂も、この季節は雪山の装備を整えた人のみが行ける場所に。麓からのルートも無雪期であれば、なんなく登れるルートがあるものの、積雪ルートはまったく別のルートをとる。やはり、地図とコンパスを使ってのルートファインディングの技術が必要。人気のある山なので、トレースが付いている場合もあるが、状況次第ではラッセルが強いられることもある。ある程度の覚悟と体力が必要だ。スノーシューといえども、初心者のみでの入山は避けるべき。

 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot