line_box_head

【登ってみた1】台湾の低山事情。台北市の最高峰、七星山主峰は1120m

(2015.12.08)

登山のTOP

icon

qixing1

登山道の入り口に設置されているルート解説の地図。基本、漢字表記なので、日本人にはとても見やすく、理解しやすいです。今回は小油坑をスタートし、七星山主峰と東峰を踏んで、反対側の冷水坑へとルートをつなぎました

 先週、弾丸台湾取材ツアーを実施したAkimama編集部。台北市の第一高峰にも、しっかりと登って来ましたよ〜。台湾の山といえば、最高峰の玉山(3,952m)や雪山(3,886m)が有名ですが、こちらの名高き山々は事前の入山許可証取得と地元ガイドの同行がルール化されている山。なかなか、そう簡単には登らせてもらえません。

 ならば、許可なしでも登れる山はないものか、と現地に着いてから(もっと事前にやっておけ、という話ですが[汗])情報収集をしてみると……ありました! 台北からほど近い七星山(Qixing またはCisingとも)であれば、さらりと日帰り登山ができそうです。しかも、七星山は台北市の最高峰で標高は1,120m。一帯は陽明山国家公園という、日本で言えば、国立公園に指定されている火山エリアです。ルート上には爆裂火口があったり、カルデラがあったりと見どころ満載で、しかも下山後には温泉が待っています。これは行くしかないでしょう!!

 台北の都心から路線バスで40分ほどで登山口にアクセスできることもあり、地元の人気の山という話。山の立地といい、火山地形といい、温泉といい、なにやら日本の箱根のような存在なんだろうかと思っていたら、大当たり。かつての日本統治時代には、まさしく「台湾の箱根」と称されていたこともあったそうですよ。

 そんなこんなで、もう登山口に到着する前から頭のなかは「箱根」と「♨︎」でいっぱいに。よし、登るぞー! 温泉だぞー! と、テンション最高潮で登山口へと向かうバスに乗り込みました。

 ぼくらは、MRTの劍潭駅前からのバスに乗車。いわゆる路線バスで「紅5」か「260」という路線に乗れば、陽明山のバスターミナルまで連れて行ってくれます。このバスが、また大混みでして。日本のラッシュ並みの乗車率で、そのほとんどが学生の様子。すし詰め、ギュウギュウ詰めの状態でバスに揺られること30分ほどで、陽明山の手前にある大きな大学のキャンパスに到着。ここで大混雑からは解放されます。学生たちがドヤドヤと降りて行った後に残されたのは、ぼくらのほかには、地元の登山客ばかりになっていました。

 そうしてほどなく、終点の陽明山に到着。今度はここのバスターミナルで、陽明山エリアの周回路線「108」という小型バスに乗り換えます。これがまたスゴい。なにがスゴいって、運転手さんのドライビングテクニックです。そんなに飛ばさなくても……と思えるほどで、曲がる、止まる、加速の連続でクネクネの山道をみごとに登っていきます。手すりにしっかりと掴まっていないと、投げ飛ばされそうです。そのおかげ、かどうかはわかりませんが、ほんの10分も揺れに耐えれば、いよいよ登山口となる小油坑に到着です。

こちらが小油坑のバス停から徒歩5分圏内にある噴火口。モクモクと噴煙を上げ続ける生きた火山が目の前に。迫力あります

 この小油坑は観光地のひとつにもなっているらしく、平日の水曜日だというのに、地元の人たちで賑わっています。それもそのはず、バス停の近くには、モクモクと噴煙を上げる爆裂火口が大きな口をあけていました。しかも、かなり近くまで遊歩道がつけられており、噴火口を覗き込むこともできるほど。御嶽山のことが頭を過ぎり、少し怖くなってしまうくらいでした。

小油坑の登山口に設置されている道標。左の古い石碑には「国家公園管理」の文字。右の道標は、歩行距離を表示している陽明山エリアに共通したモノ。日本の方式とちがって、距離が短くなっていくのではなく、自分の居る位置を示す方式になっています

1 2
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot