line_box_head

もう遅い!? 季節に乗り遅れた人のために、これから楽しめる秋山LOVE

(2016.10.18)

登山のTOP

icon

 先週、北海道の友人と会話していたら、なんと、旭岳はすでに積雪30cm以上(吹き溜まり)のところもあるらしい。車ももうスタッドレスに履き替えるらしく、すっかり冬モードに切り替わっていた。

 え〜、まだ秋の山にも行っていないのに!! と、かなり焦りつつ(なぜなら、必須の紅葉取材が終わっていな〜い。涙)、秋山の状況を調べ始めてみた。
これ、みんなニッポンの秋。どれひとつとして、同じ色はなし。奥深いなー、ニッポンという国は

 通常、10月の体育の日が終わってしまえば、秋山モードは終わりというのが、山業界の常識のはず……よって、今年は完全に乗り遅れてしまったわけでして。ちなみになんで体育の日で終わりなのかといえば、標高の高い北アルプスなどの山小屋が、これ以降は小屋締めモードに入ってしまうことが多く、なかにはこの連休を最後に実際に営業を終了するところも多々なので。

 でも、ニッポンは広い。北海道から沖縄まで、0m〜3,776mまで、タテにもヨコにもまだまだ秋は残っているはずだ!! と、今週の状況を某国営放送の情報をもとに探ってみると……関東近郊では、那須岳の姥ヶ平あたりは紅葉のピークを過ぎたところ/奥日光もいい状況になってきた様子/尾瀬はすっかり草紅葉。

 ということは、同じような標高の谷川なんかもとってもよさそう。そういえば、昨年はこの時期に馬蹄形を半周したんだった。
こちら、正真正銘、谷川岳の秋。谷川主稜線の茂倉岳から武能岳への途中で出逢った錦の山肌。本格的な冬が来る少し手前の山の賑やかさかな
 意外と知られていないけれど、谷川の秋ってべらぼうにスバラシイんですよ。とくに奥の方が。ということで、谷川岳はまだ大丈夫。おそらく、秋の盛りはかなり過ぎているだろうけど、静かなしっとりとしたニッポンの秋が楽しめるはず(参考コースタイム等の情報は、記事末に掲載)。超オススメです。

 でも、谷川は去年行ったしなー。本当は北アルプスに行きたかったのだけど、という気持ちは抑えつつ、なるほど、標高を下げればまだまだ行けるじゃん。ということで、諦めずにまだまだ調べ続けます。

 そして、灯台下暗し。そっか、われらがAkimamaにも秋山の記事はたくさんあったはず、と思い至り、検索ワードに「秋山」と入れてみると……出てくる出てくる。

 たとえば、

今年は紅葉の当たり年!? これからでも見ごろに間に合う絶景の秋山5選
黄金色の野に付いたトレイルを歩く。これも秋ならではの山歩きの醍醐味のひとつ。鉄砲木ノ頭です
 こちら、昨年の10月15日の記事ですが、オォー、パノラマ台に高見石、入笠山、鉄砲木ノ頭と芳ヶ平とズラリと並ぶ。紅葉の山としては、かなりディープでシブメなところばかりだけど、そっかそんな手もあったか、と納得。

1 2 3
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot