line_box_head

【特別ガイドルポ】秋の紅葉、白馬エリアの絶景を求めて!vol.2———ガラガラの稜線の先に剱岳。絶景、紅葉に染まる遠見尾根を歩く。

(2018.09.21)

登山のTOP

icon

夜明け前。すばらしい星空と夜明けの空をながめがら、ヘッドライトを灯し唐松岳の山頂をめざす。

 北アルプス・白馬八方尾根と遠見尾根。どちらもゴンドラやリフトを使って、比較的簡単に山にアプローチでき、すばらしい紅葉が見られるらしい。そんなオイシイとこどりの紅葉登山計画は、はたして成功するのでしょうか?!


【特別ガイドルポ】秋の紅葉、北アルプス白馬エリアの絶景を求めて!———長野・白馬八方尾根〜遠見尾根を歩く。vol.1


 

 朝3時30分、起床。外に出ると満月が落ち始めたおかげで、満天の星が輝いていました。毎日コロコロと変わっていた天気予報は、午前中の快晴とは裏腹に夕方からは下り坂になっていました。

 快晴ゆえに放射冷却で寒い朝、防寒着を着込み、ヘッドライトを装着、空身でご来光を見るために唐松岳の山頂をめざします。同行のふたりは慣れたもので、こんな朝でもサクサクと登山道を駆け上がっていきます。まだ暗い山頂に到着してほどなく、空の色が濃紺から濃いピンク色に変わっていきました。眼下には、不帰キレットが朝焼けに照らされて稜線が浮かび上がり、背後では剱岳モルゲンロートが見える絶景ポイントです。残念ながら厚い雲でご来光は拝めませんでしたが、雲の隙間からキラリと神々しい光が差し、なんともいえない朝の雲海や周りの山々の景色を見渡すと、先ほどまで寒さで震えていたことを忘れ、あたたかい太陽の光を浴びて清々しい朝を唐松岳の山頂で迎えられた喜びに浸りました。

まだ明けきらぬ夜を唐松岳の山頂で。すぐそこにわれらが宿、唐松岳頂上山荘のあかりがあたたかく灯っています。左下)モルゲンロートに染まる劒岳。右上)不帰キレットを朝日が照らし出してゆく。右下)寒さに震えながら、変化していく空の色とご来光にうっとりするふたり。

 陽が昇ると、山荘からの登山道の両脇が、昨日見た凍ったハイマツでキラキラと光っていました。ご来光は見られませんでしたが、こんなにうつくしい景色に出会えたのは、寒さに耐えた明け方のご褒美のような気がしました。

唐松岳山頂から山小屋までの帰り道、凍ったハイマツが朝日に反射してキラキラと光って、とてもうつくしい眺めでした。

 山荘に戻ると、すでに出発していく登山者がたくさんいました。稜線沿いに進んでいくみなさんは、今日はどこまでいくのでしょう? 朝食をお弁当にしてもらっていたので、われらもすぐに出発する予定でしたが、今日は天気もいいし、山荘のスタッフに食堂でお弁当を食べてもいいと言っていただいたので、こちらで食べてから出発することにしました。

左上)お弁当にしていただいた朝食。ボリューム満点!左下)グッズや飲み物など、充実した売店。右)山荘オリジナルのマグカップで飲むコーヒーが、とてもおいしいんです。

 食事を終え、身支度を整えて外に出ると、すばらしい快晴です。昨日の山小屋の鐘にできていたツララや、道標のエビの尻尾に成長しかかっていた氷はは、すでに溶けてなくなっていました。今日は、最初から稜線歩き。いきなりクサリ場で気合が入ります。その名も「牛首」。全員ヘルメットを装着して、いざ出発!

こちらがこの日に歩いた唐松岳から五竜岳への稜線。牛首の難所を越えて、五竜山荘をめざします。左下)快晴! 昨日の夕方とは、まるでちがう景色にビックリ。中)ヘルメットを装着。稜線に挑む前に余裕のふたり。右下)稜線沿いでも、長い霜柱がたびたび見られた。快晴だが、やはり風が出てくると寒い。

 クライミングにハマっている小室千可さんは楽しくてしょうがないようで、満面の笑みでクサリ場をドンドン攻めて行きます。斎藤千春さんも、慣れた様子でサクサクと岩場もクサリ場も越えて行きます。相変わらず風は冷たいのですが、今日はなんといっても視界良好! 昨日歩いてきた八方尾根とこれから歩く遠見尾根がよく見えます。どちらも紅葉に染まった尾根がとてもうつくしい。まさに、この景色に会いにきたのだと噛み締めながら、目の前のガラガラとした稜線を五竜山荘に向かって歩きます。

深い沢筋には春の雪が残っていました。あっという間に次の雪に覆われてしまうんだろうな。左下)長〜い坂道の途中、昨日とはまったくちがう視界良好の景色を楽しむ。右)ついに分岐の道標に到着。ここまでくれば五竜山荘まで、あとひと息!

1 2
 
 
ライター
北村 哲

登山、スノーボード、キャンプ、フェス、旅好きのフリーライター。プランナー/ディレクターとして、アウトドアやスポーツ関連のカタログ、映像、イベント、アーティストコラボ商品などの企画制作も行う。富士山好きで、吉田口の歴史や登山道に詳しい。

line_box_foot