line_box_head

1泊2日3食温泉付きで2500円。破格の参加料で登山の知識を身につける「女性のための登山入門」

(2019.05.24)

登山のTOP

icon

 公的機関を上手に利用すれば、いろいろなものがリーズナブルなお値段で楽しめてしまいますよね。そのウェーブは登山にまで押し寄せております。ちょっと見逃し難いイベント情報が飛び込んできましたのでお知らせしましょう。開催場所が北海道で、参加者は女性のみという限定版ではありますが。

 北海道は美瑛町の白金温泉に位置する「独立行政法人 国立大雪(こくりつたいせつ)青少年交流の家」は、青少年の健全な育成を目指して運営されています。ここで6月22日(土)・23日(日)の二日間に渡って開催されるのが「女性のための登山入門」です。

初日の座学で学んだら、二日目はみんなで十勝岳を目指します。目的地はスリバチ火口。とはいえ、みんな初心者ばかりで体力差もあるはず。なので、それぞれの力量に応じた目的地が用意されています。無理せず、楽しいところだけ味わっちゃいましょう!

 一日目はお昼をめどに国立大雪青少年交流の家に集合。午後から「プランの立て方・歩き方」「山のウエアと山道具」の2つの座学が行われます。山には登りたいけどどうしたらいいのかわからない、どんな道具を揃えたらいいのか迷っている。あるいは、独学で登山しているけれど正しい知識を学びたい、一緒に登れる登山友達を探している、という方にはピッタリの内容ですね。講師は北海道内の登山専門店スタッフの方々ですから、経験も商品知識もバッチリ。きっと細かなところまで丁寧に教えてくれます。

 その後は夕食をとって、情報交流会。みんなで仲良くなったらお風呂に入って、そのまま交流の家の宿泊棟で就寝です。ちなみにお風呂は源泉かけ流しという贅沢さ。

 二日目はみんなでお弁当を持って十勝岳のスリバチ火口まで登山。もちろん講師も一緒ですから、前日に学んだことを実地確認できるというわけです。んでもって山でご飯を食べてお茶を楽しんだら、またしても温泉タイム!

 こうして一泊二日で登山の基本を学んで、その間の夕食と朝昼食が付いてて、温泉に入ってゆっくり宿泊して、参加費は2500円。ええ、間違いじゃありません。もう一度言いますよ。2500円です!

 しかもしかも、十勝岳には行きたいけど自分で運転していくのは不安だなぁ〜という方にも朗報です。なんと札幌駅から旭川駅を経由して交流の家まで、バス送迎を利用することもできます。で、このバス送迎も無料です。ちょっと話が出来すぎの感もありますが、事実なんですよ。

 参加資格や募集人数など詳細は下記にまとめておきます。申込み期間が短いので、ピンと来た方はぜひとも、交流の家ホームページ(https://taisetsu.niye.go.jp)の「事業[イベント]」から申し込まれることをオススメします。

■女性のための登山入門
開催日時:2019年6月22日(土)・23日(日)
主催:独立行政法人国立大雪青少年教育振興機構 国立大雪青少年交流の家
会場:国立大雪青少年交流の家 及び 十勝岳
参加対象:登山に興味のある18歳以上の女性
募集定員:20名(先着順)
参加費:2500円(一日目夕食、二日目朝昼弁当、傷害保険、シーツ洗濯料、湯茶代 含)
申し込み期間:2019年5月25日(土)〜6月9日(日)
申込み方法:交流の家ホームページ(https://taisetsu.niye.go.jp)から先着順
その後の詳細:イベントのタイムスケジュールやバス送迎の時刻表、用意するもの、貸出可能な物品など、詳しいことは参加決定者に文書でお知らせします

問い合わせ
独立行政法人 国立大雪青少年交流の家
TEL. 0166-94-3121 担当/久保、梅田
taisetsu-suishinshitsu@niye.go.jp

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot