line_box_head

【海外】こういうものは動画で見るのがいちばん! タープを使ったシェルター、5種類の作り方

(2017.10.03)

カルチャーのTOP

icon

 この時期の縦走が大好きです。気温が下がってきて虫も少ないし、多少ペースを上げても暑くない。汗もかかないから、数日お風呂に入らなくても気にならない。空気も澄んでいて、明け方のパリッとしたクリアな景色に感動しまくりです。

 さて、そんな縦走シーズン(?)にピッタリ! またもタープの使い方を教えてくれるビデオをご紹介しましょう。

 以前には
【海外】3m四方のシートで作る3種類のシェルターをエストニアのアウトドアガールが伝授
 をご紹介していますが、今回はハンドルネーム「TA Outdoors」による、一枚のタープを状況に応じて5種類のシェルターに張り分けている動画をご紹介しましょう。

 音声は英語ですが、YouTubeの自動翻訳を使えば問題なし。っていうか、画面を見ているだけでも内容は十分に理解可能。リッジラインの張り方やプルージックの便利な利用方法、木切れを使ってささっとパラコードを留めるコツ、なんてのがわかりやすく解説されています。

 登場するのは
  ステルス・タープ
  ティーピー・タープ
  クラシック・Aフレーム
  プラウ・ポイント
  タープ・テント
の5つの方法。何度か練習しておけば、次のハイキングにも応用できそうですよね。あ、実際にやってみるときには、木を傷つけないような配慮もお忘れなく。

■5 Tarp Shelter Setups for Bushcraft and Camping in the Woods

(アイキャッチなど、画像は上記サイトから引用)

 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot