line_box_head

原材料超シンプル。あのコンビニ定番おつまみが最強食材になる

(2016.06.04)

ごはんのTOP

icon

「おいしい食」と「豊かな自然」との強い結びつきを感じながら
活動するフードコーディーネーター蓮池陽子さん。
連載4回目はちょっと変わった“乾きモノ”を使ったレシピ。

 コンビニのおつまみの定番といえば「あたりめ」。私の大好きな酒の肴です。軽いし、おいしいし、お腹はふくれるし、言うことのないおつまみですね。

 そしておつまみでありながら、視点を変えて眺めてみると、旨味がたっぷり凝縮される優れた乾物でもあります。乾物は切干し大根やひじきだけにあらず。ことトレッキングやバックパッキングなど、担ぐ荷物を減らしたいときに大活躍です!

 そんなあたりめはどこのコンビニにもあるものですが、原材料を見たことはありますか?

 あたりめの原材料はじつは「イカ、塩」だけなのです。
確かにイカと食塩だけ
 コンビニで保存料なしの食べ物が置かれているなんて〜本当に稀! こんな安心で、旨味たっぷりの物を料理に使わない手はないではありませんか? 今回はそのあたりめ料理を紹介します。

 ひとつめは、山でまさかのおいしさ〜「ハイカーズブイヤベース」

<材料>2〜3人分
・あたりめ  12〜15本
・さばの水煮缶(あさり缶でも可) 1缶
・たまねぎ   小1個
・トマト水煮 200g
・サフラン  少々
・コンソメ(固形)1個
・塩、こしょう  適量
※ガーリックパウダーがあればなおよい。

<作り方>
1、ビニール袋にあたりめと水100ml(分量外)を入れ、1時間ほど浸しておく。たまねぎは薄切りにする。
2、鍋に1を含めたすべての材料を入れ、材料がかぶるぐらいの水(分量外)を入れて火にかける。沸騰したら弱火で10分加熱すればできあがり。

 唯一たまねぎが生もので、あとはすべて乾物、缶詰めで作れるひと品。イカ特有の臭みはトマトの酸味ですっかりと消え、旨味が出たスープをモリモリいただけます。バケットなどを浸してどうぞ。たまねぎはオリーブオイル大さじ1で炒めてから加えるよりおいしくできあがります!

 ふたつめはビールと日本酒にピッタリ「あたりめとジャガイモのバター醤油煮」

<材料>
・あたりめ  12〜15本
・ジャガイモ 1個
・バター   適量
・醤油    適量
・黒こしょうまたは七味唐辛子 適量

<作り方>
1、ビニール袋に食べやすい大きさに切ったあたりめと水100ml(分量外)を入れ、1時間ほど浸しておく。ジャガイモは皮をむいて小さめのひと口大に切る。
2、鍋に1とイモが浸るぐらいの水(分量外)を入れて火にかける。ジャガイモが柔らかくなったら、バター、醤油を入れて味をなじませる。お好みで、黒こしょうや七味をかける。

 ジャガイモにバター醤油がおいしくないわけがありません!

 いずれも旨味が凝縮されたあたりめを使うことで、手軽なのにひと味もふた味も深みの出る味わいとなります。ぜひ「あたりめ」で山ごはんを充実してください〜!(文=蓮池陽子)

 
 
ライター
蓮池陽子

フードコーディーネーター。都内ビストロ勤務を経て、料理・製菓講師に。その後アウトドアでの料理や、山菜など自ら採取をする中で、おいしい物と豊かな自然が密接な関係にあると開眼。「食」のストーリーを追い求め、登山や釣りなど本格的なアウトドア活動も行なっている。著書に『仕込んでいくから失敗しない66のレシピ キャンプの肉料理』(オークラ出版)。http://atelierstory.jp/

line_box_foot