line_box_head

すぐそこにある外国! ホーボージュン「オホーツクの風と謎だらけの巨大島サハリン」後編

(2017.08.21)

登山のTOP

icon

北海道の北にある巨大な島サハリンは、
じつは稚内からわずか40数キロしか離れていない
〝日本にもっとも近い外国〟だ。
昨年の夏、香港・ベトナム・台湾・モンゴルのアジア諸国を放浪した
さすらいの旅人ホーボージュンさんが、
この夏は北方の島サハリンへ旅に出た。
最終回となる今回はいよいよ山中へと足を踏み入れた。
オホーツクを望む絶景の地でその胸に刻んだものは……。
(サハリン前編はこちらから)

 
ハスカップとウィルダネス
「ハアハアハア……」
 予想通りの急登だった。
「ハアハアハア……」
 これだからロシアン登山はいやなんだ。

 歩き始めてわずか15分で僕はすっかり汗だくになってしまった。トレッキングパンツが太腿に貼り付いて足もうまく上がらない。登山口の森の中は風通しが悪く、蒸し暑かった。額を伝った汗が目に入り猛烈に染みる。今日もハードな1日になりそうだった。

 それにしてもロシア人は本当に「直登」が好きだ。僕だったらもっと傾斜の緩い尾根からジグザグに登っていくだろう。なのにセルゲイさんもミリアも直登あるのみ。もう少しなんとかならないものか。それもこれもプーチンの強権統治の影響なのだろうか。まったくもってけしからん。もう少し弱者をいたわりたまえ。

 今日僕たちが目指しているのはジュダンカ山(Gora Zhdanko)という沿岸沿いの美しい山だった。標高はわずか682mしかないが、北緯48度という高緯度にあるためその山容は日本の2,000m峰に近い。下の道路から見上げた山容はカリンカリンに尖っていて、まるでドラゴンの竜骨みたいだった。サハリン南東部の最も美しい山脈と言われているジュダンカ山脈これは僕のハンディGPSのログデータをGoogleEarthにレイヤーしたものだ。黄色が今回僕が歩いた軌跡。これを見るだけでもスペクタクルでしょ

「今日の予想行動時間は10時間。ヘッドライトを忘れずに」と出発前にセルゲイさんに念を押された。本当は昨日から2日かけて縦走する予定だったのだが、視界不良で断念した。その分を今日1日で踏破するのである。

 人の背丈もあるクマザサを掻き分けながら僕らは登っていった。足元には肩幅ほどの細いトレイルがついていたが、とくに人の手で整備されているわけでもなさそうだ。いわゆる“獣道”なんだろう。よく見るとあちこちに動物の足跡があった。

「ウォオー! ウォオー!」

 先頭を歩くセルゲイさんが大声で叫ぶ。ブッシュの中でクマと鉢合わせしないためだ。そして時々バックパックのサイドポケットに刺した大きな発炎筒に手を伸ばした。ここサハリンではペッパースプレーは使わない。光と炎でクマを撃退するのだ。セルゲイさんが発炎筒を触る度に僕の心臓は早鐘を打った。「ジュン、もしクマに会った時はどうするんだ?」

 最初の休憩時にセルゲイさんに質問された。

「おーい! クマ公! 俺はここにいるぞー!」

 僕は大声でそう叫びながら、頭の上で両手をブンブン降り回した。そしてゆっくり後ずさりしながらバックパックを地面に降ろした。

「ダー。正解だ」

 セルゲイさんは満足そうに頷く。

 僕はこのメソッドをアラスカで習った。デナリ自然保護区をトレッキングしたときに現地のレンジャーからレクチャーされたのだ。ポイントは3つ。ゼスチャーと声でなるべく自分を大きく見せること。怖くても目をそらさず、けっして背中を向けないこと。そしてバックパックを置き去りにしてゆっくりその場から離れることだ。重い荷物を背負っていてはとても逃げられないし、運がよければ人間よりもバックパックの中味に興味を向けてくれるかもしれない。クマの嗅覚は犬の7倍、人間の7億倍(!)と言われている。スタッフサックの奥にこぼれたビスケットのかけらだって見逃すことはないのだ。

「もうすぐベリーの実が熟れる。すると匂いを嗅ぎつけたクマたちが集まってくるんだ」

 見渡すと僕らのまわりにはベリーの灌木が茂っていた。まだ7月の初旬だったが大きな実がすでに紫色に熟し始めている。「あと1か月もしたらあたり一面ベリー類で覆い尽くされるわ。ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、それにこの青い実も」とミリアがいった。
ベリーの低い灌木。サハリンの原野には至るところにベリーが原生している。クマの大好物だ

 ミリアが指さしたのはハスカップの実だった。見た目はブルーベリーによく似ているが少し縦に細長い。北海道のアイヌたちが「不老長寿の実」として重用していたスイカズラの一種だ。元々はシベリアが原産でここサハリンを経て北海道に渡ったのだ。一粒もいで前歯で噛むと口いっぱいに甘酸っぱさが広がった。

「うへー!」

 僕にはえぐみが強すぎてすぐに吐き出したが、クマたちはきっと大喜びするだろう。ふと何百頭ものクマがこっちに向かって突撃してくる場面が頭に浮かび、僕はブルッと身震いした。

 日本にもこんなふうにクマが跋扈する土地はある。例えば北海道の知床半島がそうだ。僕は知床をシーカヤックで一周したことがあるが、どこの海岸にもクマがわんさかいて上陸地を見つけるのがたいへんだった。サハリンは言ってみれば巨大な知床だ。南北950kmに渡ってウイルダネスが広がり、野性がうごめいている。

 クマの気配に怯えながらも、僕はどこか嬉しかった。“人間ファースト”ではない正しい世界にいる気がしたのだ。僕が偉そうに言うのもなんだが、人間はもっと畏れるべきだ。たまにはこうして丸腰のまま野性の真ん中に投げ出され、怯えたり、わなないたりしたほうがいい。僕はビクビクしながらも妙な充実感を味わっていた。

1 2 3 4 5
 
 
ライター
ホーボージュン

全天候型フリーライター。6,000mの高所登山からシーカヤックの外洋航海まで、フィールドとスタイルを問わない自由な旅を続けている。『山と渓谷』『ビーパル』『PEAKS』『Field Life』などアウトドア各誌で連載中。公式Twitterアカウントは「@hobojun

line_box_foot