line_box_head

【A&F ALL STORIES】創業者・赤津孝夫さんに聞く、はじまりの物語

(2017.12.18)

アウトドアのTOP

icon

長く使える道具。
たとえ壊れようとも、直しながら、使い続けられる道具たち。
世界中から、そんな一生の友となり得る道具たちを集めては、
アウトドアズマンに広く紹介してきたのが、1977年創業のA&F。
40周年を迎えた同社の会長・赤津孝夫さんにお話をうかがい、
道具をめぐる物語を紐解いてみました。

今年69歳になるという赤津孝夫会長。英語は苦手といいながら、世界中に友人を持つ秘密は……きっとこの笑顔。
「今度こういう本を出すんですよ」

 今年(2017年)、創業40周年を迎えたA&F。その歴史を振りかえるべく話をうかがいに、創業者であり現会長の赤津孝夫さんをたずねると、挨拶もそこそこに美しい装丁の一冊を手渡された。

 その表紙には『美を見て死ね』。著者は先年亡くなったスペイン在住のアーティストで、十年来の友人だという。

「いつか俺の本をまとめてよと遺言のように言われていてね。ようやく約束を果たせたんです」

 質実剛健なアウトドア道具を扱うことで知られるA&Fは、2014年から、版元として出版業にも携わっている。

「もとはというと、創業当時から洋書を扱っていたんです」

「アウトドア」という言葉が一般的ではなかった1977年、バックパッキングやサバイバル、フライフィッシングなどの釣りの情報は国内には存在せず、熱狂的なマニアは洋書にその知恵を求めるしかなかった。

「そこで、毎年1ダースほどの本を輸入していたんです」

 のちに「アウトドア」と呼ばれる新しい世界を彩る道具には、ものに宿る魅力以上の、知的好奇心をくすぐるなにかがあった。

「父は戦前、自ら満州に渡った野心家でした。戦後、故郷の塩尻(長野県)に戻ってからは自営業を営む傍ら、狩猟や釣り、山菜やきのこ採りなどを楽しむ、いわば、道楽者でしたね」

 そんな父のもと、幼いころから自然に親しんだ赤津さん。高校生になると、必要最小限だけの道具を背負い、北アルプスのジャンダルムを駆けていくような登山に興じていた。大学では写真を志して上京、卒業後はファッション誌の世界で写真家として頭角を現す。

「ところが、やはりコンクリートに囲まれて暮らしていると、どこかでバランスが狂うというのか、自然が恋しくなるわけです」

 そうしてダイビングの世界に傾倒してゆく。山育ちの目から見ると、海中には世界のもう半分が広がっているかのようだった。

「ダイビングの道具は国内にはないので、仲良くなったショップで自分たちの欲しいものを輸入するのですが、しだいにその仕組みに興味を持ったんです」

 懇意にしていたダイビング店はハンティング用品も扱っており、どちらの世界でも命を左右する道具として、ナイフが重要だった。そんなナイフを求めて、アメリカのアウトドアショーへ。

「アメリカのものづくりはT型フォードをはじめとして、オートメーションで大量生産するのが当たり前だと思っていたんです。ところが、おのおのの手に合わせてカスタムしたナイフをつくる職人がけっこういる。そのひとりがカスタムナイフの開祖として知られるR.W.ラブレスだったんです」
R.W.ラブレスから贈られたというナイフ。刻印されたシリアルナンバーは002という貴重な一本。
 ショーにはバックパックメーカーやテントブランドも出展していた。そうして触れたアウトドアの世界を通じて、バックパッキングの名著『遊歩大全』の訳者であり『フライフィッシング教書』の著者である芦澤一洋さんの知遇を得る。

 ナイフにとどまらず、精巧なアウトドアの道具を輸入するというアイデアーーA&Fはこうした縁から生まれていった。

 それまで見たことのないコンパクトなストーブや軽量なダウンジャケット。そして、山頂にとらわれず自然の懐深くへ、たったひとりで入りこむバックパッキングという旅の手法ーー。

「それらは目新しいだけじゃなく、背景にローインパクトを旨とした自然思想をまとっているからこそ、魅力的だったんです。新しい道具を売るだけじゃなく、その文化を伝えたい。そうした思いから、A&Fを創業したんです」

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot