• アクティビティ

ベビーカーで子どもを連れてランニング! サイベックスの「ZENO」で、いま注目されている「バギーラン」をやってみたぞ

2021.09.03 Fri

 いま、巷では「バギーラン」というランのスタイルが注目されているという。「バギーラン」とはその名の通り、“バギー=ベビーカー” でランをすること。もともとランニングを趣味としている育児世代が、ひとりで走る時間はつくれないかわりに、子どもを連れて走っているようだ。

バギーラン buggy run サイベックス CYBEX AVI アヴィ ZENO ゼノ ハンズフリーランニング プッシュランニング マルチプルキット

 インスタグラムで「バギーラン」と検索すると、多くの画像が表示される。どれも、ランニング後の汗をかいて気持ちよさそうな表情と、バギーですやすや眠る子どもが写っていて、同じく子どもを持つ運動好きな筆者からすると、うらやましいかぎりなのだが、一点、気になる点がある。

 それは、ラン用ではない通常の3輪バギーを使っていること。

 じつはインスタグラムを見ていると、通常の3輪バギーで走っていて事故にあったという投稿がちらほら見受けられる。

 よく見るのは「転倒」。通常のバギーは、そのほとんどがタイヤは小さく、方向転換がしやすいように回転するようになっている。1㎞を6分以下(時速10㎞以上)で走っている人も多く、タイヤがそのスピードによる振動に耐えきれず、横向きになった瞬間、段差などにひっかかり転倒してしまうようだ。

 そんななか、スポーツの日である7月23日にドイツのペアレンティング用品ブランド「サイベックス(CYBEX)」より、マルチスポーツ「ZENO(ゼノ)」とジョギング ストローラー「AVI(アヴィ)」という、スポーツタイプでバギーランを楽しめるアイテム2種が発売された。

バギーラン buggy run サイベックス CYBEX AVI アヴィ ZENO ゼノ ハンズフリーランニング プッシュランニング マルチプルキット サイベックスのストローラー(ベビーカー)の新シリーズ「SPORTSコレクション」のひとつ「ZENO」。

 今回、「ZENO」を試すことができたので、使用感と共に細部の使用を紹介していきたいと思う。試してもらったのは友人の平野 咲さん。出産前は登山やトレイルランニングをこよなく愛しており、休みのたびにどこかへ走りに行っていたというツワモノ。産後、運動することができず、インスタグラムのバギーラン画像を見て、とても気になっていたそう。

バギーラン buggy run サイベックス CYBEX AVI アヴィ ZENO ゼノ ハンズフリーランニング プッシュランニング マルチプルキット ハンズフリーランニングモード。久しぶりのランニングにもかかわらず、撮影そっちのけで走り回っていた!

 まず試したのはオプションのマルチプルキット「ZENOプルランニングキット」を使ったハンズフリーランニング。前輪を専用のキットに付け替えることによって、バギーを押しながら走るのではなく、プル(引く)しながら走ることができるようになる。

 キットに含まれていたのは、ウエストベルトとドローバー。どちらも調節できるようになっていて、どんな体型のランナーにもフィットするようになっている。

 走ってみると、その大きさのわりに機動性が高い。ウエストベルトとドローバーは固定されておらず、軸でつながり回転するようになっているので、ランナーが急に方向転換したとしても、バギーはしっかり追従してきてくれる。

パッド入りの快適なシート。ベルトは子どもの大きさに合わせ、かんたんに調整できるようになっている。

正面のメッシュパネルには日除けも付属。

 つぎに試したのはプッシュランニング。付属のハンドルでプッシュ(押す)しながら走る。ランをせずに使う時もこのモードとなる。

バギーラン buggy run サイベックス CYBEX AVI アヴィ ZENO ゼノ ハンズフリーランニング プッシュランニング マルチプルキット プッシュランニングモード。バギーを押しながらきれいなフォームで走るのはコツがいるようで、なかなか苦戦していた。

 プルの利点はハンズフリーさにある。バギーとドローバーでつながれてはいるが、ランナーの動きの自由度は高く、ほぼフリーな状態と同様なランニングフォームで走ることができる。ひとつ気になるのは重さをかなり感じるところ。推測するに、バギーとランナーがつながれているため、ランナーの速度=バギーの速度となり、等速で進み、つねにバギーを引っ張る力を加え続けなければいけないからではないだろうか。見方を変えればこれも利点と取れ、トレイルランニングのような推進力を必要とするランのトレーニングに向いているといえる。

 長さがあるぶん、狭い歩道を歩いたり、電車に乗ったりするのには苦労すると思われる。馬車や人力車などのように、引くというのは力学的に牽引物を移動させやすい方法でもあるので、近場にいいランニングコースがある場合は、このモードがいちばんのオススメだ。

20インチと大きく空気充填式のタイヤと、バネを使ったリアサスペンションが高い走行性を実現させている。白いレバーはシートの高さをワンタッチで切り替えられ、右タイヤそばのレバーはタイヤをロックすることができる。リフレクターも備えており、安全性は抜群だ。

ハンドルにはブレーキと、画像には写っていないが、手を離してしまったときのために手首へかけておくループがついている。右側についているのは「2in1 カップホルダー」。飲み物とスマートフォンを取り付けておける。

 プッシュの利点はその自由度。走らないときにはふつうのバギーとして使えるし、走りたくなれば、すぐに走り出せる。ハンズフリーランニングモードとは逆で、ある程度、移動してから走るのであれば、このモードがいいだろう。プルに比べて、押した力はそのままスピードへとかわり、バギー自体にスピードが乗ればひっぱられる感覚となり、負荷が少なく楽に走ることができるようになる。軽快に走るようなシティランに向いている。

 欠点はというと、バギーに寄りかかる体勢になってしまいがちで、ちゃんとしたランニングフォームの維持がむずかしい点と、押すという特性上、すこしぐらつきが出てしまう点。

背面部には大型のポケットと、スマホなど小物を入れておけるポケットが。

シートには左右に計4つのポケットが付いている。子どものおもちゃやお菓子はここにいれておこう。

 プッシュかプル、特徴は一長一短なので、きちんと双方の特製を知り、ランニングをする場所や目的によって自分にあうタイプを選ぶといいだろう。

バギーラン buggy run サイベックス CYBEX AVI アヴィ ZENO ゼノ ハンズフリーランニング プッシュランニング マルチプルキット 「ZENO」と「AVI」ともに車輪を外しコンパクトに折り畳むことができる。保管や車での移動に便利。

 サイベックスが、生後6ヶ月~4歳の子どもを持ち、出産前に、週に2回以上かつ1回あたり30分以上の運動の習慣があった女性500名を対象に「出産後の運動事情」の調査を実施したところ、出産前と比較して運動不足を感じている人は98%にものぼったという。運動ができない理由はさまざまだろうが、約60%もの人が「育児中に自分の時間をつくって運動をすることに罪悪感がある」と答えたそうだ。

バギーラン buggy run サイベックス CYBEX AVI アヴィ ZENO ゼノ ハンズフリーランニング プッシュランニング マルチプルキット サスペンションによってスムーズな乗り心地になり、微振動で眠りにおちてしまった平野さんの子ども。心地よさそうな寝顔。

 サイベックスの「ZENO」と「AVI」を使った “バギーラン” なら、子どもとのお出かけの延長でランニングを行なえ、親子ともども楽しむことができるようになるのではないかと思う。子どもが生まれる前とかわらないアクティブな日々を過ごすことで、ストレスフリーで幸せな生活が続けられるのではないだろうか。

 そして、冒頭でも書いた通り、対応していないバギーでのランは危険がつきまとう。バギーランを楽しむ際はかならずラン専用のバギーを使用するようにしてほしい。

バギーラン buggy run サイベックス CYBEX AVI アヴィ ZENO ゼノ ハンズフリーランニング プッシュランニング マルチプルキットバギーラン buggy run サイベックス CYBEX AVI アヴィ ZENO ゼノ ハンズフリーランニング プッシュランニング マルチプルキット

サイベックスZENO(ゼノ)
サイズ:<開いた状態>W1,400-1,550×D685×H1,040-1,220㎜ / <畳んだ状態>W995×D580×H350㎜
重量:12.5㎏
適応サイズ:111㎝または22㎏まで
使用年齢:ひとり座りができる生後6ヶ月ごろから4歳ごろまで(ランニングは生後9ヶ月~ご利用ください)
展開カラー:シートパック3種類(オールブラック・メダルグレー・シルバーピンク)/ フレーム2種類(ブラック・クリームオレンジ・ブラックピンク)
価格:シートパック 33,000円(税込)/ フレーム 71,500円(税込)
その他アクセサリー:ZENOプルランニングキット 24,200円(税込)/ 専用2in1 カップホルダー 3,630円(税込)

バギーラン buggy run サイベックス CYBEX AVI アヴィ ZENO ゼノ ハンズフリーランニング プッシュランニング マルチプルキットバギーラン buggy run サイベックス CYBEX AVI アヴィ ZENO ゼノ ハンズフリーランニング プッシュランニング マルチプルキット

AVI(アヴィ)
サイズ:<開いた状態>W1,370-1,500×D685×H990-1,170㎜ / <畳んだ状態>W890×D585×H250㎜
重量:10.6㎏
適応サイズ:111㎝または22㎏まで
使用年齢:ひとり座りができる生後6ヶ月ごろから4歳ごろまで(ランニングは生後9ヶ月~ご利用ください)
展開カラー:シートパック3種類(オールブラック・メダルグレー・シルバーピンク)/ フレーム2種類(ブラックピンク・クリームオレンジ)
価格:シートパック 20,350円(税込)/ フレーム 49,500円(税込)
その他アクセサリー:AVIカーシートアダプター 4,620円(税込)/ AVIレインカバー 5,280円(税込)/ インセクトネット 5,280円(税込)/ 専用2in1 カップホルダー 3,630円(税込)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 ライター

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント