line_box_head

月や地球の力を人生の味方に付ける「月のカレンダー」、まもなく発売開始!

(2013.10.05)

カルチャーのTOP

icon

はからめ01

たくさんの月や地球に関する情報を載せた「はからめ 月のカレンダー」2014年版がいよいよ10月17日発売開始に!

はからめ02

左上/月の満ち欠けや潮汐をわかりやすく表示。右上/彼岸、節分、土用の日……など、一年間の季節の移り変わりをより的確につかむために設けられた「雑節」も表記。左下/種もみマークは、種まきや仕事、開店など、何事を始めるにもよいとされる日「一粒万倍日」。右下/もぐらやミミズマークは穴掘りや種まき、木の伐採など、土いじりを慎むべき日

はからめ03

月のカレンダーをもとに作られた「はからめ月の手帳」は、11月3日からWEBサイトのみで販売。3,800円

はからめ04

左/別売りで「リトルイーグル」による専用カバーも。※写真は2013年度のもの。中央・右/週間ページ、月間ページも用意。二十四節気や雑節、歳時記などの季節の解説が、その日にちと同じページに記載されている。

はからめ05

鈴木ご夫妻の活動名の由来となった「はからめ」。一枚ちぎっておくと、次第に芽が出てくるのだそう。

 いよいよ本格的な秋が始まりましたが、2014年のカレンダーがそろそろ気になる季節です。

 今回は、Akimamaが熱烈にオススメする「月のカレンダー」をご紹介。ひとつひとつ手づくりされる貴重なものなだけに、発売を心待ちにしているファンが全国にいるカレンダーです。

 作り手は、「はからめ」という名で活動されるご夫婦。カヌーガイド・カヌービルダーである鈴木匠さんと、ヨガ講師やタロット占い師、イベントプランナーとして活躍するよし子さんが、ご夫婦のライフワークとして毎年作り続けるものです。

 その魅力は、なにより地球や月の情報がたくさん詰まった内容である、ということ。「地球にあるものはすべては月や太陽の影響を受けています。植物や動物、人間はそう生きているし、水も空気も土も全部影響を受けています。その大きな力を人生の味方に付けたいなぁという思いで、月や地球の情報をいっぱい載せたカレンダーを作っています」とは、奥さんのよし子さん。

 月に映る地球の影(=私たちが目にする月のカタチ)を始め、それを元に先人たちが作り出した太陰暦(旧暦)、潮汐、そのほか月ごとの歳時記や雑節などの情報を、日々の生活に取りこめるようにわかりやすく記載されています。去年からは六十干支や、さらには自然エネルギーについての豆知識も追加。“人間も自然の一部だと感じることができるように”という、はからめのおふたりの想いがたっぷりと込められた、もはや作品と呼ぶにふさわしい内容です。

 リビングや寝室、書斎など日常の生活に掲げてみると、いままで月の満ち欠けや潮の満ち引き、そのほか自然からの大小さまざまな情報をいかに見逃していたか……に少しずつ気付くように。ふだん自然から遠ざかっている人にこそ、このカレンダーを身近に置くことで、山や海に思いを馳せる時間を一日のなかに少しずつ作ってみてほしい、とAkimama編集部は思うわけです。

 さて、その2014年版「月のカレンダー」の発売日がついに決定! 来る10月17日(十三夜)に全国の取り扱い店舗や、はからめWEBサイトで購入ができます。

 また、カレンダーに続いて登場するのは製本まで手作業という「はからめ 月の手帳」。月のカレンダーを元にデザインされ、同じく地球や月の情報が満載。ナチュラルウェアのブランド「リトルイーグル」による専用の手帳カバーも昨年から登場し、こちらははからめWEBサイトのみで購入可能。発売日は新月の11月3日です。

 Akimama周辺でも愛用者が本当に多い「月のカレンダー」。さっそく予約せねば!

はからめ/月のカレンダー
A4サイズ(210X297)¥1,800
B4サイズ(257X364)¥2,300
 
ーーーー
【はからめ とは】
「マザーズリーフ」「セイロンベンケイ」とも呼ばれる多肉植物。葉から芽(や根)が出てくるという変わった性質を持ち、個々の葉はやがて根を伸ばして土に根付く。「一枚の小さな葉が人から人へ渡った先で芽を出し、そこでまた植物として広がるんです。同じように、私たちが毎日のなかで見つけるおもしろいこと、興味深いお話、気持ちのいい生き方……などが、はからめのように仲間へ広がって、大きくなっていく。そんな思いを込めて、活動の名前にしました」

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot