• カルチャー

やっぱり、地球は青かった……。Akimama連載「山と酒、そして人。」改め「海と酒、そして人。」更新!

2013.10.09 Wed

宮川 哲

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

 いい山があれば、いい酒ができる。

 いい酒があれば、いい人が集まる。


 いい人が集まれば、いい仲間ができる。


 いい仲間がいれば、
 いいフィールドで遊びたくなる。


 いいフィールドで遊びたければ、
 いい山に行けばいい。



 日本には、いい山、いい酒、いい人がある。

***

 こんなコンセプトで始まったAkimamaの連載企画「山と酒、そして人。」でしたが、第1回目の「南会津」編を掲載してから早数ヶ月。大変お待たせ致しました!

 しかも、第2回目にして、そもそものコンセプトから外れてしまうとは……。そうです、もうお気づきかと思いますが、「山と酒」だったはずが、なぜだか「海と酒」に変わっているんですよね。オイオイッと突っ込まれそうなところではありますが、ご容赦くださいね。

 足腰軽いわれらがAkimama編集部のメンバーは、南にオモシロそうなことがあれば、ヒョイッと旅立ってしまうのです。しかもそのオモシロそうが、とっておきであればなおさらのこと。

 とっておきの「海」と、とっておきの「酒」、そして、とっておきの「人」。
 
 そんな場所が、日本にもあるのです。今回は日本のタカラ、いや地球のタカラともいえる美しき島、宮古島をテーマにしています。

      
 ちょこっと内容をご案内しましょう。

 全体は「海」「酒」「人」「フィールド」の4部構成になっています。

「海」編では、宮古列島の美しいビーチを次々とご紹介。Akimama編集部推薦の「海のフィールド5」をお楽しみくださいね。

「酒」編では、泡盛をテーマにしています。そうですよね、オキナワといえば泡盛です。宮古島の銘酒「多良川」の蔵へと伺ってきました。島の人たちは、自負心を持って泡盛のことを「シマ」と呼ぶんですよね。

「人」編はといえば、こちらはAkimamaでもおなじみの「宮古島ロックフェス」をつくってきた実行委員会の人たちをクローズアップ。暑い宮古島で、熱い心をたぎらせる男たちの物語です。

 そして、最後の「フィールド」編では、宮古島を訪れた人たちが「食」べたり、「観」たり、「楽」しんだりできる情報がたくさん載っています。
 
「山と酒、そして人。」改め「海と酒、そして人。」

 宮古島編をぜひ、お楽しみください!! いやぁ、本当にお待たせしました。ペコリ。
                                                                                   

 掲載ページはコチラです。

Keyword

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧