line_box_head

千葉の里山で開催される野外ライブ。今の時季だからこそ、焚火と歌がマッチするんです。

(2015.11.25)

カルチャーのTOP

icon

画像

千葉県いすみ市の里山で開催される「FOREST JAM」でのdigdaのライブ。電車で行く場合は外房線長者町駅下車。東京からは1時間半程度で行ける。

画像02

焚火とアコースティックな音色がマッチしないわけがない。奏でられる音が自然とクロスオーバーしていく。金佑龍は何度もここでライブを行っている。

画像03

11月に出演したズクナシ。「FOREST JAM」は小さな野外フェスと言えるかもしれない。

 木々に囲まれた自然のなかでライブを聴く。ライブハウスなどのハコとはまったく違う感覚が得られる。奏でられる音楽が、そこにいる人や自然とハーモニーをはじめる。これが野外フェスの楽しみのひとつであることは間違いない。

 フェスだけではなく、ライブでもアウトドアの感覚が味わえる場所がある。千葉県九十九里浜から少し里山に入ったNAKADAKI ART VILAGGEで開催される「FOREST JAM」だ。かつてここでは、「FOREST JAM GRANDE」という秋フェスが行われていた。

 NAKADAKI ART VILLAGEは自然環境共存施設。森のなかにコテージが点在し、歩いていると海外のリゾートいるような感覚になれる。「FOREST JAM」は、VILLAGE内にあるアジアンカフェ食堂・チャナリーフで行われる。

 2008年から不定期に続いている「FOREST JAM」。この12月に開催されるのが46回目と47回目を数える。12月12日の46回目が今年サードアルバムをリリースし、「朝霧JAM」をはじめ数多くのフェスに出演を果たした光風。2015年最後の12月26日が年間100本以上のライブを続けているラビラビ。ラビラビは今年3月に地震の体験を後世に残すことを目的としたCD絵本「Song of the Earth」を自主制作。このCD絵本の売り上げは、被災した福島の子どもたちに届けられる。12月に出演するこの2組のアーティストは、2015年を象徴している存在と言えるかもしれない。

 静まりかえった森のなかでのライブ。ロウソクの灯火や自然の音がマッチして響いていく。ここだけにしかない体験を味わえるはずだ。

FOREST JAM

会場:アジアンカフェ食堂 ChanaLeaf

 千葉県いすみ市岬町中滝2072−3
中滝アートヴィレッジ内

Vol.46
出演:光風
日時:12月12日(土曜日)18時開場/19時開演
料金:投げ銭
Vol.47
出演:ラビラビ/Loop Pool
日時:12月26日(土曜日)18時開場/19時開演
料金:投げ銭
 
 

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot