line_box_head

【連載】日本のロングトレイルを歩く vol.8 金沢トレイルができるまで〜インタビュー編

(2018.08.28)

カルチャーのTOP

icon

今回のイベントでは、街から山へ。金沢トレイルの特徴的なルート設定の第一区間を歩きました。

 連載「日本のロングトレイルを歩く」の第8弾は、整備が進む金沢トレイルの第1区間をセクションハイクしたフリー編集者の若菜晃子さんにインタビュー。そして、トレイルのキーマンでもある金沢トレイル連携協議会理事長・河崎仁志さんに「金沢トレイルのできるまで」を語ってもらいました。
 


【連載】日本のロングトレイルを歩く vol.7 金沢トレイルができるまで〜整備が進む第1区間をセクションハイク!


 

■トレイルについて、若菜さんにうかがいました!

 今回のセクションハイクイベントに参加した若菜晃子さんに、イベント終了後にいくつか質問させていただきました!

若菜 晃子(わかなあきこ)編集者。大学卒業後、山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。著書に『東京近郊ミニハイク』(小学館)『東京周辺ヒルトップ散歩』(河出書房新社)『街と山のあいだ』(アノニマスタジオ)など多数。『mürren』編集発行人。

金沢トレイルを歩いた感想

 金沢近郊の山を歩いたのは初めてでしたが、トレイル最初の区間だったこともあって、街から山へと入っていく過程が実感できてとてもよかったです。コース取りも工夫されていて、金沢の街並みから始まり、街を展望する卯辰山、緑に包まれた金沢大学、田圃の広がる農村、森のうつくしい戸室山など、風景がどんどん変化していって、とても充実したトレイルでした。続きも歩いてみたいと思います。

 また、主宰者のみなさんが個性的で、それぞれの方法で愛をもってトレイルづくりに関わっておられるのがごいっしょしてよくわかりました。各県や地域ごとに、山域を熟知している地元の人たちによってこうしたトレイルがつくられていくことはすばらしいと思います。

地域のことを熟知している、地元のメンバーによってコース設定など考えられてつくられているのも魅力のひとつ。

金沢トレイルの今後の活動について期待すること

 トレイルはまだ全部は完成されておらず、これから地権者と折衝する部分もあるとおっしゃっていたので、開通を楽しみにしております。

 どの区間もそれなりの距離(15㎞程度)があるようなので、エスケープルートの整備なども随時必要かと思いました。それがはっきりしていると、初心者や、楽な部分を少しだけ歩きたい人にも興味をもっていただけるのではと思います。

 また、主催者が、道標も大げさなものでなく、山や地域に溶け込んだ、手づくりの小さな目印のようなものにしたいとおっしゃっていたのも印象的でした。

 こうしたトレイルは、通常、地元の山岳会や自治体などが中心となってつくられることが多いですが、金沢の場合は森林組合が母体になっているところが特徴に思います。今回も歩く途上で、山上の石の由来や杉林の枝打ちの方法など、登山者とはちがう視点で山をよく知る人たちと歩けるのがとても興味深かったので、こうした主催者のお話を山中で聞ける機会をつくっていただくと、山や自然への関心も深まるのではと思いました。

現在整備中であるため、エスケープルートや道標など、今後も取り組んで行くべき課題もある。

登山ではなく、ロングトレイルを歩いたり、セクションハイクをすることについて、どう思いますか?

 ロングトレイルの場合は、地方の名山をピークハントだけして帰ってくるのではなく、長距離を長期間歩くことによって、山域、地域全体を身を以て体感することができるので、各地の自然や歴史、現状を知る意味で大変意義があると思います。

 また、長大な山域もセクションで区切られていると、各々の経験や生活スタイルに応じて気に入った区間を誰でも歩くことができますし、少しずつつないで歩くこともできるので、長期休暇を取れない人などにも継続する楽しみがあると思います。こうした地域のトレイルは、街に近いほど踏み跡程度で不明瞭な箇所も多いので、一度きちんと整備されると、後に続く人たちが長く楽しめるのではないでしょうか。

ロングトレイルを歩くことは、セクションハイクでつなぐなど、登山と違った魅力もある。金沢トレイルを歩くことで、この地域の自然や歴史を感じたり、安全に楽しめるルートの整備と開通を期待したい。

1 2 3
 
 
ライター
キタムラ テツ

富士山「絆」フォトコンテスト・ディレクター。アパレル業界を経て、フリーランスへ。アウトドア&スポーツメーカーのアーティストコラボ商品、イベント、カタログなどの企画制作を行う。

line_box_foot