line_box_head

『バンフ』などアウトドアフィルムの上映が見逃せない! 奈良県川上村で「アウトドアフィルム上映会」が開催。

(2019.11.05)

カルチャーのTOP

icon

ベルギー人の最強クライマートリオが、パタゴニアでもっとも困難なルートのひとつと言われているTorre Centralの高さ1,200mにもおよぶ垂直壁「El Regalo de Mwono」を、世界初となるフリークライミングで挑戦する……。
Notes from the Wall@Banff Center

 来たる11月30日、国内外のアウトドアフィルムの上映と、山岳ガイドでもあるフォトグラファー・廣田勇介さんのトークイベントが、奈良県川上村「やまぶきホール」にて開催される。

 このイベントは、バンフマウンテンフィルムフェスティバル2019をはじめとする、国内外の登山、トレイルランニング、クライミングなどをテーマにした短編映画を集めたふたつのプログラム、そして、山岳信仰と現代のアウトドアアスリートをつなぐ話、で構成されている規模の大きなイベントだ。

 映像作品では、2019年よりプロトレイルランナーとして活動をはじめた山本健一のドキュメンタリー作品「ON THE CORNER」や、クライマーならだれしも憧れるパタゴニアで難関ルートのフリークライミング初登攀をめざす「Notes from the Wall」、波の裏側からサーファーやビーチを撮影したうつくしい映像に魅了される「Surface」など、マニアには垂涎ものの作品ばかりが集まっている。

 バンフの過去作品が再び上映されることは稀なので、今回を逃すと次はないかもしれない。いましか見ることができないであろう作品を「アウトドアフィルム上映会」で楽しもう。

波を裏側から見たことがあるだろうか? 地球であり地球ではないような新たな一面を切り取った映像に魅了される。
Surface@Banff Center

標高差1,400m、約12㎞を駆け上がる過酷なレース「マウントワシントンロードレース」に毎年出場する97歳の男性がいる。彼はペースメーカーをつけているにもかかわらず一歩一歩、力強く進んでいく。
For the Love of Mary@Banff Center

フルマラソン以上の距離を走るウルトラランニングのランナー「アントン・クルピチカ」。自然体を愛し、上半身は裸で駆けていく。
In The High Country


コンセプト

世界のアウトドアシーンやアウトドア文化を知り
世界と身近な土地とのつながりを感じ
発見し、驚き、感動し
アウトドアフィールドとしての可能性や保全・保護への関心を深める機会を提供し

ここから、日本の登山をおもしろくする。


■イベント詳細■
【タイトル】奈良県川上村 アウトドアフィルム上映会
【日時】2019年11月30日(土曜日)13:00〜19:00(開場12:30)
【会場】奈良県川上村 やまぶきホール(大阪から車で約2時間半/公共交通機関で約2時間)
    〒639-3553 奈良県吉野郡川上村大字迫1374-2
【定員】先着300名(予約不要)
【参加費】プログラムA+トークイベントチケット 1,300円
     プログラムB+トークイベントチケット 1,300円
     全プログラム共通チケット(プログラムAB+トークイベント)2,000円
     ペアチケット 全プログラム共通チケット(2名分)3,000円

■イベントプログラム(予定)■

12:30
開場

13:00~15:00 
プログラムA BANFF MOUNTAIN FILM WORLD TOUR 2019スピンオフ上映

15:00~15:15
休憩

15:15~16:15
トークイベント 廣田勇介さん「アウトドア・アスリートと山岳信仰」
 クライマー、トレイル・ランナー、そして山伏。山という共通の舞台で活動する人々へのインタビューを通じてわかった、日本人に共通する自然観、宗教観とは?

16:15~16:30
休憩

16:30~19:00
プログラムB 〈トレラン映画特集〉と〈国内のアウトドアフィルム特集〉
 
 
 
詳しくは特設ホームページ
SNS:Facebook、Instagram、Twitter@mizunomorinara

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot