• 道具

「アレがないコレがない」を卒業し、整理上手なスマート山男子になる

2013.07.18 Thu

 登山など、アウトドア好きがフィールドに出るたび、発症する人がまれにいる症状があります。

 その名も「ナイナイ病」。……ちなみに、あのコンビ名に由来するものではありませんよ。

 この症状は、事前に作った持ち物リストに添ってしっかりギアやウェアを用意してきたはずなのに、一日中バックパックなどを引っかき回しては、「アレがない」「コレのしまい場所が分からなくなった」……と、探し物をしている人のこと。道具が増えれば増えるほど、重症度も増していくようです。

 この症状は、「自分のなかで収納のルールができていない」ことが大きな要因。たとえば、ある山行ではウィンドシェルを雨ブタにしまっていたのに、次の山行ではサイドポケットに入れていた……。あるいはデジカメの収納場所が小型のチェストポーチだったり、ウェストハーネスのポケットだったり……。結果、毎回「あれ?あれ?」と探し物をするハメになるのです。

 きっと世界中でそんな人がいるんでしょうね〜。

 バックパックの大手ブランド「グレゴリー」が2013年から新たにリリースした軽量バックパック「ケルン(女性用)」と「コントゥア(男性用)」は、道具の種類に応じてあらかじめ収納ゾーンが決められている画期的なモデル。このモデルに備わったシステムを「Trail Smart パッキングシステム」とよび、時間と用途でギアを仕分けし、3つの専用ゾーンに収納する仕組み。必要に応じて必要なギアだけにさっとアクセスできるようになっているのです。さすが、考えますよね〜!

具体的に言うと……
ーーーーーーー
CAMPゾーン
朝にはパッキングされ、夕方にテントをセットアップするまでまったく触らないような、テントや寝袋、キッチン用品や夕食の材料などを収納。もっとも重いので、自動的に背面の一番近くのスペースに収納するようになっています

TRAILゾーン
行動食や救急用具、雨具など日中に1~2回必要とするようなアイテムを、アクセスしやすい外側のスペースに収納

ON-THE-GOゾーン
カメラ、スナック、水、モバイル機器など、一日中頻繁に出し入れをするもの用ゾーン。バックパックを降ろさなくても、手を伸ばせば簡単にアクセスできるウエストベルトやサイドのポケットが該当
ーーーーーーー

 なんて親切、なんてスマート。トレイル上やキャンプサイトでいつも探し物をしていたり、整理整頓が苦手な人は本当にグっと来るシステムです。女子を待たせて男子が探し物……とかナシですからね! これで症状が改善されないなら、すべての道具に名札のついたヒモつけておきなさい!


CAIRN(ケルン)女性用
容量:68L、58L、48L
価格:32,550円(68L)、30,450円(58L)、28,350円(48L)
カラー:各Hibiscus pink、Magnetic gray、Teal green

CONTOUR(コントゥア)男性
容量:70L、60L、50L
価格:32,550円(70L)、30,450円(60L)、28,350円(50L)
カラー:各Reflex blue、Electric yellow、Graphite gray

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧