line_box_head

マウンテンマンが指名買い。グラナイトギアの本気パック「ストラタス フラットベッド」が生産終了!

(2014.01.30)

道具のTOP

icon

ストラタスフラットベッド

容量40ℓほどのドライバッグも3段重ねで収容できる。場合によっては写真のようにストラップを交差させたほうが、荷物が動きづらい

ストラタス

ハーネス類は極厚・幅広。重量物を背負ってもしっかりと保持し、荷重は感じるものの、食い込み感はない

フラットベッド

「重いもん背負いたいんでしょ? 幅、広くしといたから」開発者の声が聞こえるようなショルダーハーネスは、スマホよりなお幅広。実測80㎜

ストラタス

背面のパネルの内側にも3本のデイジーチェ―ンが縫い付けられ、自由にカスタマイズができる。荷物を抑えるパネルには合計9本のストラップを装備

ストラトス フラットベッド

表側のパネルにも2本のデイジーチェーンを装備。適当なストラップを通せば、長尺物も保持できる

 丈夫さと軽さを両立していることから、ロングトレイルを歩くハイカーにも信奉者が多いグラナイトギア。実直かつユニークなモデルを数多くラインナップしているが、そのなかでも特に異彩を放っているのが「ストラタス フラットベッド」だ。

 フラットベッドとは平台車のトラックのこと。その名の通り、このモデルは丈夫なフレームの入ったハーネスに、ギアを括り付けるためのストラップを装備しただけのいわゆる「背負子」。内容物を限定する袋がないため、ドライバッグから不定形の大物まで、運ぶ物を選ばない。

 以前も姉妹品の「ヴェイパー フラットベッド」を紹介したが、軽めの荷物を想定したヴェイパーに対して、ストラタスが対象とするのは大荷物。本国サイト(必見!)の商品説明がふるっているので紹介しよう。

「こいつはバックカントリーの平台トラックさ! チェーンソーや土木作業道具、ヘラジカの肉や船外機まで、君が背負いたいものはなんだって担ぐことができる。特別製のストラタスフレームとサスペンションのおかげで、快適にデカい荷物を運べるんだ」

 こんな紹介とともに掲載されているパックに括り付けられているのは、使い込んだチェーンソーとガソリンタンク、つるはし。他のパックがきれいにスタジオ撮影され、商品説明も機能の解説に徹しているのに対し、ストラタスの商品紹介からにじむのは愛情と本気感。グラナイトギアのスタッフの、ちょっと上ずった思い入れが伝わってくる。

 ところが、である。登場から4年、ついにこのストラタスの生産が終了されることになった。これは「廃盤」という消極的な理由ではなく、製作に必要なパーツの在庫がなくなってしまったのが原因だそう。ヴァーテックスの頼れる男・鈴木さんも「こればっかりはどうしようもありません」とのこと。

 本国のサイトにはまだ掲載されているものの、日本同様、在庫はないという。現在、ストラタスを手に入れる方法は、世界中のショップの店頭在庫からの発掘だけ。特殊な用途のパックでそもそも流通量が少ないので、国内にはもう残っていないだろう……と思ったら、ひとつだけあった! 東京・下北沢の「ボーズマン」さんに、最終製作分のひとつが在庫しているという。

 たいていの人には必要ないけれど、欲しい人にとっては無二のストラタス。船外機や鹿の運び方に悩んでいた人は、今すぐ下北沢に走れ!

(文・写真=藤原祥弘)
                                                                                   

ストラタス フラットベッド
Stratus flatbed

重量:2.38kg
価格:¥44,940

 
 
ライター
藤原祥弘

採集系野外活動を中心に執筆とワークショップを展開。著書に『海遊び入門』(小学館・共著)ほか。好きな獲物はカンパチとノコギリガザミ。twitterアカウントは@_fomalhaut

line_box_foot