line_box_head

みんないつかは世話になるアレのホルダーを作ってみた。

(2014.11.10)

道具のTOP

icon

megane01

色や形を変えていくつか作ってみた。熱を加えて曲げるのが難しければ、少し大きくなるが中央奥のようにただ二つ折りにしてもいい。グレーのやつのスケールは、元々まな板に印刷されていたもの

megane02

こんな感じで使います。ちょっとかさばる感はあるが、使用頻度の高い人にはそれ以上に便利なはず。行き帰りの車内や雨のときは取り外して雨ぶたやポケットに

megane03

材料はペラペラまな板(100円ショップで購入)、フリース生地やマイクロファイバータオル(同=手芸店、ホームセンター)、テープ、細引き、バックル類(同=登山用具店)など。このほか、マジックテープとコードロックを使用

megane04

1、ペラペラまな板はアイロン(110〜120℃程度)で熱して曲げる。断面が丸みを帯びたくさび形になるように。2、合わせ目は細引きで縫うように固定する。穴は目打ちを使うときれいに仕上がる 3、取り付け用のベルトを作り、シェルに通す 4、インナーケース。左はフリースを柄物の生地でくるんだ。下部のループはシェルの細引きを通し、インナーがずり上がるのを防ぐ

 アレとはすなわちシニアグラス——カッコつけることないですね、老眼鏡です。笑ってるあなたもすぐに来ますよ。40過ぎたらもう時間の問題。

 お世話になってる人には今さらですが、老眼鏡というのは手元を見るため専用のメガネです。中・遠距離はぼやけてしまうので常用はできません。だからみんな、机の上に立てておいたり、胸のポケットに入れておいて、必要なときだけかけるのです。ま、オフィスや家庭ならこれで充分。

 しかし、アウトドアではちょっと不便。なかなか収まりのいい場所がないのです。ザックにしまったらいちいち取り出すのが面倒くさいし、胸ポケットはチェストストラップやショルダーハーネスと干渉してしまう。やむなく帽子の上に引っかけておいたりするのですが、屈んだりヤブを漕いだりして無くすことが少なくない(実際、私の身近なところでも3人が4つ無くしてます)。いや、使う場面は意外と多いんですよ。地図や図鑑を見る、撮った写真を確認する、釣り糸を結ぶ、肌を這い回る得体の知れない生き物の正体を見極める、などなど。

 そこで作ってみたのがこのケース。ポイントは3つほど。シンプルなこと。レンズを保護し必要充分に丈夫なこと。そして、ザックなどに取り付けられること。なーに、どうってことはありません。フリースなど柔らかい生地のインナーを、ペラペラまな板で作ったシェルに入れただけ。それをマジックテープを縫い付けたバンドで、ショルダーハーネスなどに取り付けます。完全なハードシェルではないけれど、そこそこ弾力性は高いので実用上の強度は充分でしょう(たぶん)。また、インナーの口を閉めればゴミは入らないし、取り外せるので汚れたら洗えます。

 身近な材料で簡単に作れるので、今は必要のない人も、親御さんや遊び仲間の先輩におひとついかが。

(文と写真=長谷川哲)

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot