• 道具

ニコンからニューカメラ3機種が続々登場!

2015.01.17 Sat

林 拓郎

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

 先日、Nikonから新製品3機種の発表がありましたので急いでお知らせしちゃいますよ。どのモデルもこれから春先のハイキングシーズンに向けて気になる機能を備えているようです。ここはググッとAkimama的に注目ポイントを整理してご案内しちゃいます。

 

■ファミリー向けデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5500」
 直感的に操作できるタッチパネルは家族の誰もが簡単に扱える、ファミリーフレンドリーな設計。しかもその液晶モニターは、自撮りやハイアングル撮影に嬉しいバリアングル仕様。そして驚くべきは、現時点でデジタル一眼レフカメラとしては世界最小・最軽量というコンパクトで扱いやすいボディサイズ。こんなに小型ながら、有効画素数2416万画素の光学ローパスフィルターレス使用のニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載。レンズの描写力をビシッと引き出してくれるから、大切な思い出をしっかり記録できます。

 

■薄型軽量ボディー+光学8倍ズームの「COOLPIX S3700」
 ニコンのコンパクトデジタルカメラ「クールピクス シリーズ」に新しく加わった「COOLPIX S3700」は電池とメモリーカードをふくんでも重さ118gという軽量モデル。しかもボディの薄さはたった20.1mm。ハイキングパンツだろうがジャケットだろうが、あらゆるポケットにスルッと収まるカメラです。それなのにキャンプでの気軽なスナップを余さず記録する広角25mmから、鳥や花など狙ったものをしっかり捕らえる望遠200mm(いずれも35mm判換算)までの光学8倍ズームを搭載。加えて内蔵Wi-FiとNFC対応のおかげで、スマートフォンへの画像転送も簡単。いつでもSNSを通じて、仲間と楽しみを分かち合えます。

 

■単3形電池対応+高画質を手軽に「COOLPIX L32」
 アウトドアには嬉しい、単三乾電池対応モデル。なにしろアルカリ電池なら約320コマ、リチウム電池を使えば約950コマもの撮影が可能。これなら外出先での電池切れにも簡単に対応できます。で、肝心の撮影性能はと言えば、有効画素数2005万画素の高画素CCDセンサーに、広角26mm〜望遠130mm(35mm判換算)の光学5倍ズームを搭載。加えて、撮りたいものにカメラを向けるだけで最適のシーンモードを自動で設定してくれる「おまかせシーンモード」を採用。まさに向けて押すだけ。今だ!というアウトドアでの一瞬を撮り逃しません。

 

 いずれの製品も価格はオープン。発売日は2015年2月5日の予定です。
製品についての詳しい情報はこちらへ。

ニコン・映像事業部ホームページ
www.nikon-image.com

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Taro Muraishi アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生 編集者、ライター、イベント制作

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧