line_box_head

アウトドアに最適なウォレット(財布)はどれだ?

(2017.05.29)

道具のTOP

icon

普段から他の道具に合わせて3つの財布を使い分けている。これとは別に小銭入れとカード入れを別に持っているため、よく財布を忘れるのが難点だ

 普段使いの財布とは別にアウトドア遊び用に財布を用意している方は多いのではないだろうか? 山では使わないポイントカードなどを持たないことで軽量化でき、濡れ対策などカスタマイズも容易だ。またキークリップ付きは特定の位置に固定でき、財布が行方不明になってしまうことを防ぐ。バス乗車時に財布を探してしまう方には特にオススメだ。ボクがよく使っているアウトドア遊び用財布を幾つか紹介しよう。

 PAAGO WORKS『トレイルバンクS』の特徴は三つ折りサイズと三角クリップで特定の場所にクリップできること。ボクはネットで購入した『コインホーム』を取り付け小銭の管理もできるようにした。掌にすっぽりと収まるサイズ感がよく、山用に作ったが日常の買物にも使っている。主に街と緩い低山で使用中だ。

 続いてFlowfold『Minimalist – Card Holder Wallet』はたった4gの超軽量カードケース。ボクは首に掛けれるようにヒモを取り付けたがそれでも5g。都内だと交通系ICカードがあれば大抵の場所に移動と買物が出来るため中身は「ICカード・お札1万2千円・小銭で300円」のみ。首から掛けているので落とすことも無く、すぐに取り出せる。登山の時にメインで使用している。

 こちらは現在先行予約受付中の『Crabby Wallet』。特徴はゴムバンドでスマートフォンに巻きつけて収納できることだ。最重要アイテムをまとめて管理できる!。ゴムバンドに小道具を取り付けることも可能。鍵を取り付けるストラップもあり、特定の場所に固定も可能だ。サンプルを使用していて気になる点は、ゴムバンドとストラップの耐久性。

 最後は定番ビニール袋。防水性は当然高く、スマートフォンなどを一緒に収納も可能だ。ただ荷物の中に紛れ込み見つけられない事が多く、見た目と耐久性と仕分けができない難点はあるが、アウトドアでの使用を考えると優秀だ。

 個人的には荷物が多くなりがちなので、見つけやすさ(無くさない)を最も重視している。海外ではアイデアをクラウドファンディングで製品化しやすいためか、機能的な財布がちょっとしたブームだ。面白くアウトドアでも使いやすそうな財布を探してみては如何だろうか?

 ちなみに普段は、写真の昔懐かしいコインホルダーを20年以上買い替えながら使い続けている。お札やカードもマネークリップで挟める分しか持たない。

 
 
ライター
森 勝

低山小道具研究家。元アクセサリーデザイナー。発明コンテストで賞金10万円を獲得した経験もあるギア好き。ブログは自転車とアウトドアライフ(遊び)

line_box_foot