line_box_head

生まれ変わったドイターのフューチュラを幕山で徹底インプレッション! のはずが、なぜだか楽しいお花見登山

(2018.04.18)

道具のTOP

icon

 寒かった冬の記憶も早や遠く、あっという間に春爛漫。4月というのに25度を越すこの夏の陽気に、今年の夏を思いやる。暑そうですね、この夏も!

 でも、だからこそ、背中だけは涼しくありたい!! と、ドイター伝説の納涼パック、エアコンフォートシステムを使ったフューチュラシリーズの最新作を山でトライして来ました。結論から言うと、背中の涼しさはもちろんのこと、背負い心地もフィッティングも旧作よりも格段によくなっていて、びっくり。

 このインプレッション企画に参加してくれたのは、フェス好き20代女子の清水 茜さんとドイターを手掛けるイワタニ・プリムスから中野しおりさん。中野さんには、新しくなったポイントを実践で教えてもらいました。
左の茜さんは、キャンプよろず相談所のメンバーでもあり、フジロックやアラバキやロッキンなど、名だたるフェスにスタッフとして参加しています。山にはもっともっと登ってみたいです! ととびきりの笑顔に。中野しおりさんは、1年前にイワタニ・プリムスに入社。現在、広報/マーケティングの部署でドイターを担当しています!

 女子二人+αで向かったのは湯河原の幕山。東京近郊のクライミングゲレンデとして、そして湯河原梅林でも名高い山ですよね。ちょうど梅の季節が終わったあとだったので、山はのんびり人影もまばら。春らしい新芽に包まれ、ほんわかとした気持ちのいい一日です。
いやはや、春です。梅は終わっても山は花でいっぱい! 足元にはスミレ、見上げればサクラ。淡い春色に包まれながら、ゆっくりと歩を進めます。
幕山といえば、コレですよね。平日の午前中というのに、クライマーたちは真剣に岩と会話をしてました!

 歩き出しは透き通るような空気感に包まれ、足元には可憐な紫色のスミレたち。見上げれば、そそり立つ幕岩にピタリと張り付くクライマーたちの姿。うん、今日は低山ハイク日和です……と、思えたのはじつは最初のワンタームのみ。そよよと吹き抜けてくれるはずの海風はなく、標高を稼ぐとともに、やがてジットリと汗ばむような初夏の陽気になってきた。

 でもこの陽気、実験にはもってこいでしょ。これならばヨシ! むしろ、フューチュラ日和とでも言うべきです。
あまりなじみのない花々に目を奪われ、なかなかドイターに話が向かないのですが……いやいや、ここは花を楽しむべきですよね。茜さん、ちなみにその可憐な釣鐘の花は、キブシですよ〜。

「もうこんな季節なんですね。汗ばむわぁ」と、茜さん。いやいや、だからこそフューチュラなんですって! 背中のほうはどうですか?

「あ、意識してませんでした(笑)。たしかに涼しいかも!!」

「そこまで暑いという季節でもないですけど、たぶん、新しくなったエアコンフォートセンシックシステムが効いているんです! 茜さんの背負っているフューチュラ28SLは、左右と下の3方向からの空気の流れを考えて設計されているんですよ」

「あっ! 本当だ。スーッと風が抜けている感じで、サラサラ感がハンパない」

 中野さん、でもそれって、もともとのフューチュラのコンセプトですよね? と、突っ込む編集担当。「どこが変わったんですか?」

「背負ってみればわかります!」と言われ背負ってみると。

「あ、例のボヨンボヨンがないですね」

「そうです、そこがまず第一のリニューアルポイントです!」

 ボヨンボヨンってなんでしょうという茜さんに、旧モデルを背負ってもらう。と、「あ、ボヨンボヨン」
春の陽気のせいでしょうか。旧モデルのフューチュラを背負った二人はボヨンボヨンが楽しくなってしまったのか、山中を駆け巡ります。満面の笑みで。茜さん曰く、「でも、このボヨンボヨンも悪くないですよ。そんなに気にならないかも」

 フューチュラのいちばんの特徴は「空気の循環」。旧モデルではメッシュパネルそのものにショルダーストラップが直接取り付けられていました。なので、ガッツリと荷物を入れた場合、その荷重が振動となり、歩く度にボヨンボヨンという軽い反動を感じることがあったのです。

「それが悪いというわけではないのですが、やはり少しは気になるという声はいただいていました。ならば、フューチュラの醍醐味を損なわずに、この振動を軽減させようと改善されたわけです」

 新旧の背面パネルを比べてみれば、一目瞭然! 新作のショルダーストラップは背面本体から生えています。メッシュパネルはストラップを避けるかたちでデザインされ、空気の循環は損なわれる心配もなさそう。
左上の写真中、左が大きくリニューアルしたフューチュラの新作。右の旧作はメッシュパネルそのものから“生えています”が、新作は本体から。さらに、このショルダーストラップは、付け根から自在に動くのでユーザーの肩幅や角度にもしっかりとフィットします。左下の写真は、パネルの左右に縁取られたパッドです。ヒップベルトまで一体化しているので、しっかりと身体を包み込んでくれます。で、右の写真がフューチュラの実力です。背中の隙間から向こうの景色まで見えてしまいます!

「せっかくのタイミングだったので、全体のフィット感もよくしちゃいました」

 どこが変わったのかといえば、ひとつに背面のメッシュ自体が変わっています。以前の細かい格子状のメッシュに代わり、トライアングル形状の目の大きなメッシュになりました。従来同様にメッシュにはコーティングが施されていますので、メッシュが汗を吸い込むこともなく休憩後にふたたび背負うときにもイヤな思いをしないてすみそうです。また、ビシッと張られているスプリングスチールのフレームのおかげでフィット感もかなりあります。

 そして、より気持ちがよくなったのはパネルの左右に筋状に伸びた細長いパッドです。肩甲骨の脇から広背筋へ、そして腰回りのヒップフィンにいたるまで一体化されています。でも、構造はフクザツ。2種類のクッション性の高い素材を組み合わせ、さらには双方にパンチングを施してズラしつつ張り合わせるという技を使っています。

「こうすることで、パッド自体に通気性が生まれ、空気の通り道が確保されるという仕組みです」

「すごい!! 繊細なつくりなんですね。これだけ身体に密着してても、圧迫感がないのに驚き。また通気性もあって快適だなんて、なんだか不思議です」

「ほかにも、まだまだあるんですよ!」

1 2
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot