line_box_head

野外フェスの到来を告げるフリーフェス春風が、今年も代々木公園で開催!

(2016.03.26)

フェスのTOP

icon

画像

代々木公園の野外ステージをメインに、3つのステージで、ライブ、DJ、トークなどが行われる。

画像02

4月2日あたりは、桜が満開の予報。桜の下で、思いっきりダンス・ダンス・ダンス。

画像03

両日合わせて50近いアーティストが音で言葉でメッセージを発する。

画像04

電源は、ほとんどがソフトエネルギーでまかなわれる。開催経費捻出のための」クラウドファンディングも現在行われている。

画像05

ワークショップが充実したキッズエリア。福島のインドアパーク「CHANNEL SQUARE」からの遊び場も登場する。

代々木公園で2009年から開催を続けているフリーフェス『Spring Love 春風』。今年も、桜が満開であるだろう4月第1週の週末に開催される。なぜフリーでフェスを続けるのか、『春風』が目指すものは何なのかを、オーガナイザーの稲田英昭さんと和田明咲子さんに聞いた。

—— 今年も『春風』の季節がやってきました。90年代にスタートして、2000年代に入って、しばらく開催が見送られていました。2009年に復活したのですが、再び開催しようとした思いとは?

 もともと『Spring Love 春風』は『春風』という名称でスタートしました。『春風』は野外フェスティバルやパーティーを制作するエンジニアや制作スタッフたちのプライベートで「楽しむ」代々木公園の花見の宴でした。そして1997年にこの『春風』メンバーで、『温暖化防止京都会議』を支援するために行われた、渋谷、原宿のメインストリートをトラックの荷台にDJブースを組みパレードする『レインボーパレード』を制作しました。これをきっかけに1998年の春、代々木公園B地区(NHKホール横のステージがあるエリア)に、エコロジー精神に賛同する仲間やアーティストたちといっしょに、スピーカーなどの音響機材、お酒や食事などを持ち込み、「音楽とアート」を愛する人々に声をかけ、みんなで「大きな花見の宴」を楽しみました。これが現在の『Spring Love 春風』の起源です。
 『春風』は2001年諸事情によって活動を停止しましたが、数年のブランクを経て2009年『Spring Love 春風』として再開しました。その理由はただひとつ、もう一度、以前の『春風』のように春の代々木公園でフリーパーティーを「楽しみたい」と思ったからです。
 そしてこの大きな花見の宴を続けていけば、音楽やアート、フェスティバルなどの日本のユースカルチャー(若者文化)世界に向けて発信できると考えたからです。

—— 『春風』では毎年テーマが掲げられています。今年のテーマは?

「花見、踊り、愛」です。『春風』の発祥は「お花見」からでした。その原点を思い出し、この素晴らしき季節に皆で集い、共にお花見する。そして『踊る』ことで自分を開放し、自分と出会い、人と出会い、様々なライフスタイルを目にすることで、自分の表現をみつけていく。さらに「愛」は、『春風』の空間も含め、そこにある全てを内包するもの。そんな思いを込めて今年のテーマを掲げました。

1 2 3
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot