line_box_head

日本一早いキャンプインフェス=結ノ島CAMP。3月の奄美で2018年のキャンプライフをスタートしてみる?

(2018.02.14)

フェスのTOP

icon

 寒波や大雪のニュースが新聞やテレビをまだ賑わしているけれど、まもなく「日本一早い」キャンプインフェスが開催される。奄美大島での「結ノ島CAMP」だ。2015年に「奄美大島の豊かな自然と離島ならではの独自に発展した文化を、多くの方に知ってもらいたい」という願いを持ってスタートした。今年は3月3日から4日の一泊二日の予定で行われる。

「東洋のガラパコスとも言われるように手付かずの自然が多く残っているのが奄美大島です。また、島外から訪れる方を温かく迎えてくれる島人の優しさも魅力のひとつです。島の伝統や音楽はもちろん、ワークショップを豊富に揃え奄美大島感を強調したイベントになっています」と結ノ島CAMP実行委員会のスタッフ。

 3月上旬の気温は、日中は15度から20度程度まで上がるけれど、朝方は5度くらいまで下がることもあるという。そこそこ寒くなってしまうことも予想されるけれど、キャンプするには快適な気温と言えるだろう。

 奄美大島にはLCCのバニラエアが成田と関空から就航している。フェスの前日入りの場合、成田からは片道7,480円、関空からなら4,780円で行くことができる。

 遠いとついつい感じてしまう島。けれど金額だけを考えれば近い。2018年のキャンプインフェス・シーズンの幕開けを、奄美で体験するのも悪くない。他のフェスでは感じることができない、島だからこその特別な時間が待っているはずだ。

結ノ島CAMP

開催日:3月3日(土)〜4日(日)
会場:住用町内海公園自由広場(奄美大島)
出演:BES、☆マーレーズ☆、TOKYO FRIDAY NIGHT、Gravityfree、他

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot