line_box_head

アウトドア料理人の頂上決戦! 第3回「アウトドアカレー対決」が今年も北軽井沢で開催!

(2013.09.14)

ごはんのTOP

icon

アウトドアカレー対決01

二連覇を果たしたチュンチュンこと小雀陣二さんの、昨年の優勝カレーがコチラ。ローストビーフを贅沢にのせた大人のカレーだ all photo=K.Masukawa(エイ出版社)

アウトドアカレー対決02

審査委員を前に、各挑戦者は完成したカレーのこだわりや調理法についてプレゼンをする

アウトドアカレー対決03

一般のお客さんも審査が可能! 今年は80名(予定)が試食し、審査へと加われる

アウトドアカレー対決04

アウトドア料理ならではの豪快なテクニックや食材づかいが間近で見学できるチャンス!

アウトドアカレー対決05

調理開始直前に明らかになる「シークレット食材」も。挑戦者は必ずこの食材(前回はクリームチーズ)を使わなくてはならない

 カレーライスと言えば、キャンプ料理の鉄板中の鉄板メニュー。各家庭、各料理好きのオリジナルレシピがありますが、まもなく長野県・北軽井沢にて開催されるエイ出版社の野外イベント「フィールアース」で、今年もアウトドア料理の腕自慢によるカレー作り頂上決戦「アウトドアカレー対決」第3回が開催されることが決まりました!

 昨年も大勢のカレー好きが足を運び、熱戦を見守ったカレー対決。基本ルールは昨年と同様で、挑戦者が制限時間2時間以内にカレーとサイドメニュー最低1品を、アシスタント1名をつけて作るというもの。審査は審査委員4名と、一般参加者が投票形式でジャッジ。その得票数によって、真の「キング・オブ・アウトドアカレー」を決定するという、スパイシーでホットな戦いなのです。

 今大会の出場者は、過去2年連覇を果たしたアウトドアコーディネーター小雀陣二さんが3連覇を目指すほか、プレ大会で優勝したアウトドアショップWIIL-1のオンナ料理人・藤本百子さん、キャンプ料理の達人集団・HEROの3チームが現在参戦を決定。残る2組は現在ブッキング中とのことですが、3チームに勝るとも劣らない強者が候補に名を連ねているそうです。

 また、昨年初の試みとなった「シークレット食材」が今年も登場予定。調理開始の合図とともに挑戦者全員に配られるとある食材を、必ずカレーかサイドメニューに用いる……という、その場の応用力が必要とされる試み。長野県の名産にちなんだ、果物なのか、野菜なのか、はたまた○○なのか!? 実行委員も非常に頭を悩ませて食材を選定中だそうです。

「ぜひ食べて、審査したい!」
ですよねー!! Akimamaも同じく!

 まずはイベント「フィールアース」へご参加を。審査は、80名(予定)の一般枠も用意され、マイ食器を持参の上、100円でライスを購入。挑戦者のカレーを試食・投票できるそうです。もちろん、見学は誰でもできるので、達人のアウトドア料理のテクニックを間近で観るチャンスは平等! 秋晴れがすばらしい9月末の北軽井沢で、カレーにどっぷり触れる時間が過ごせそうです。

 対決の結果や模様はフリーマガジン『フィールドライフ 2013年冬号』に、各挑戦者のレシピとともに掲載予定とのこと! 遠方の方はぜひ誌面でご確認ください。

フィールドライフ連載
「だれでもキャンプ料理の王様」特別公開企画

第3回アウトドアカレー対決
■日時:9月29日(日)朝8時スタート予定
■会場:北軽井沢スウィートグラス内 フィールアース特設会場
■一般参加枠:80名(加筆:参加は抽選にて決定。整理番号つき抽選券をカレー対決の調理中に会場で入手し、当選者80名のみが審査に参加できます

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot