line_box_head

ちょっと、モンブランまで行ってきます…。名峰をバーチャルクライミング

(2016.02.14)

登山のTOP

icon

 クライマーだけが見ることができた景色を、パソコンの前にいながら体験できる時代がやってきた。日本では2013年に富士山のストリートビューが公開され話題を呼んだ。2015年には「ヨセミテ・ストリート・ビュー」で、より垂壁の世界が届けられ、次は西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(4,810m)をバーチャルクライミングできるという。

 「ヨセミテ・ストリート・ビュー」を制作したBig UP Productions、Sender Films、そしてGoogle mapが再び集結し制作された。ヨセミテでは、リン・ヒル、トミー・コードウェル、アレックス・ホノルドといった一流クライマーたちが登場。今回のモンブランでは、ウーリー・スティック、キリアン・ジョルネ、カトリーヌ・ディスティベルらのアスリートとともに、360度の大パノラマを体感できる。

 ウーリー・スティックは、スイス出身のクライマー。昨年アイガー北壁をソロで2時間22分50秒という驚異的な速さで登り、最速登頂記録を樹立した。そして、キリアン・ジョルネは、トレイルランナーとしてもよく知られているが、山岳スキー競技の選手でもあり、モンブラン山頂往復の最速記録を持つ。

 キリアンは、「山にいるときはつねに動いていたい。スピーディに行くのが好き。山で速く動いていると、いろいろな発見があり、怖さを知ることもある。山と自分のつながりはとても大きい」と、いかにもトップアスリートらしいコメント。

 カトリーヌ・ディスティベルは、フランスの女性クライマーだ。1980年代にはフリークライミング界のヒロインとして活躍し、当時女性クライマーの最高グレードに到達。その後もアルパインクライマーとして、多くの足跡を残している。

 ビューを回転すれば、ぐるり、臨場感あふれる画が広がる。ポワントラシュナル南面は、ウーリーとともに。エギーユブランシュドプトレイはキリアンとともに。仕事でなかなか山に行けないとき、天気が悪いときは、机の上でバーチャル登山。

では、ちょっとモンブランでも行ってみるとしましょう。

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot