line_box_head

【DISCOVER JAPAN BACKPACKING】 古来からの姿が残る、花の山へ。 白山・後編

(2018.08.07)

登山のTOP

icon

日本人に親しまれてきた山、その魅力を見つめ直す、「DISCOVER JAPAN BACKPACKING」。第二段の舞台は、奈良時代に開山されたという古い歴史を持ちながら、山本来の姿を色濃く残す、白山。そんな白山の麓に、自身のルーツを持つ山岳ガイドの案内のもと、花の名山をたずね歩いてみました。
 

【DISCOVER JAPAN BACKPACKING】 古来からの姿が残る、花の山へ。 白山・前編はこちらから!
 
御前峰(2702m)から火口湖めぐりへ。雪渓を残す前方の山は大汝峰(2684m)。
「あった!」

 先頭を歩く山岳ガイドがふいに足を止め、腰を落とした。指さす先には、ムラサキイガイのような、黒とも濃い紫とも言い難い、微妙な色の花が咲いている。彼女は登山道脇で、大切に保護されているようだった。

「ちょっと、匂いをかいでみてください」

 白山の麓、奥美濃の白鳥にルーツをもつ山岳ガイド・旭 立太さんは、ここまでこちらの気持ちを先読みするかのような、絶妙の案内っぷりを見せてくれていた。

 さぞかし素敵な香りが……。

 期待とともに花を近づけ、そっと息を吸いこむと、○△□×凸凹くぁwせdrftgyふじこlpっ!

 麦茶だと思ったら麺つゆ……みたいな衝撃に尻餅をつき、驚きを隠せないまま、ガイドを見上げる。

「いや~、クロユリって生乾きの雑巾みたいな匂いがしませんかっ!?」

 長身痩躯のオトコマエは、涼やかに笑った。

 ウィキペディアによると、英語圏では「スカンクユリ」「汚いオムツ」「外便所ユリ」などという異名をもつクロユリ、ノーベル文学賞に輝いた作家・川端康成は「いやな女の、生臭い匂いだな」と表現しているそうだ。

 的を射ているような、いないような……。

 それよりずっと胸の奥深くに突き刺さったのは、クロユリの花言葉が「恋」、そして「呪い」であること。個人的に花言葉にはなんの興味もないが、こいつだけは、その芳香とともに忘れられそうにない。
室堂を背に、石畳の山道を登って山頂へ。今回歩いたコースは、非常に整備が行き届いていた。噂のクロユリ。場所によっては黄味が強い個体も。その香りはなんというか……。
 室堂のビジターセンターでひと休みしたぼくらは、白山の山頂を目指していた。

「白山」とは、最高峰である御前峰(2702m)、大汝峰(2684m)、剣ヶ峰(2677m)の3つの頂を中心に、四塚山(2519m)、別山(2399m)を含んだ総称。その名の由来は、雪をいただく姿が美しいことからで、それが四方の平野部から望まれたため、古くから名山として知られていた。前述の通り、開山が奈良時代の717年と古く、平安時代には加賀(石川)、美濃(岐阜)、越前(福井)から、禅定道と呼ばれる登拝路が拓かれていたという。

 一方で活火山であり、地獄谷や白川谷では硫気孔が、この日登ってきた観光新道からは、マグマが冷却固結する際に生じる柱状節理を見ることができた。

「その名残のひとつが、山頂一帯に見られる火口湖なんです。楽しみにしていてください!」

 手負いの草食動物のように用心深くなったぼくは、警戒しつつもうなずき、慎重に後ろをついてゆく。ほどなく山頂に到達、白山奥宮への参拝をすませ、右側の岩場にあがっていくと……………………っん!

 旭さんが、我が意を得たり、という様子で解説をしてくれる。

 いちばん右が乗鞍岳で、その横のとんがりが槍ヶ岳、後立山の連なりがあって……そう、その先は剱岳。つまり、北アルプスの全部をひと目で眺めることができた。

「うわっ、トンボが2700mまであがってきている。珍しいなあ」

 そんな言葉を聞きながら、対岸の山なみから目を離せずにいた。すると、北アルプスのほうから流れくる小さな雲が、見る見ると姿を変えながら大きく膨らんでゆき、地面に描く影が東側の斜面を、雪渓を、ぼくらの上を通り過ぎ、西の方へとゆっくり遠ざかっていった。
(左上)山頂からは、北アルプスの山なみが、南は乗鞍岳から北は剱岳まで、どどーんと勢揃い。左端のとんがりは、いつ見てもハンサムな槍ヶ岳。(左下)御前峰に据えられた白山奥宮。(右)山頂でひと休み。背後に見えるのは別山(2399m)と奥美濃へと続く稜線。

 山頂からは北側へと下りてゆき、大小7つのお池めぐりへ。ひときわ大きくて、目を引くのが翠ヶ池。残雪からは冷気が立ちのぼっており、その向こうでコバルトブルーの水をたたえている。

 高山植物は、残雪が消えたあとに芽吹くことが多いという。がらがらとした印象で、一見、生命を感じさせない活火山の山頂部だが、山道の両脇では、とりどりの草花がその顔をのぞかせていた。

 ハクサンコザクラ、クルマユリ、イワツメグサ、イワギキョウ、ネバリノギラン、ハクサンシャクナゲ―――

 ずいぶん忘れてしまったと言いながら、旭さんは諳んじるように出会った植物の名を教えてくれる。なかでもハクサンコザクラは近年にない数らしく、しゃがみこんでていねいに写真に収めていた。そうしながらも、興味深い話をぽつりとこぼした。

1 2
 
 
ライター
麻生弘毅

1973年生まれ、フリーランスライター。カヤックやバックパッキングなどによる、長い旅が好き。著書に北極圏の泥酔紀行『マッケンジー彷徨』(枻出版社)がある。

line_box_foot