line_box_head

岩田京子、8848mエベレストへ——本当の自分に会いにゆく

(2019.05.03)

登山のTOP

icon

登山ガイドとして活躍し、山登りの楽しさを伝える投稿でakimamaを盛り上げてくれる岩田京子さん。そんな彼女が、2016年のチョ・オユー、2017年のマナスルに続く8000m峰であり、世界最高峰のエベレストに挑みます。なにを求めて彼女は大いなる山へと向かうのか、出発前の心境をたずねてみました。
控えめに淡々と自身を語る岩田京子さん。photo by Mutsumi Tabuchi
「8000m峰の話をするのは、本当は少し苦手なんです」
 控えめに彼女は笑った。曰く、どうしても実力以上の「登山家」ととらえられてしまうし、じつのところ、高いところは苦手だし……。
 登山ガイドの岩田京子さんは、2016年にチョ・オユー(8201m)、2017年にマナスル(8163m)へと登頂し、この春、満を持してエベレスト(8848m)へと向かってゆく。
「とはいえわたしの場合、ガイドを頼み荷物を持ってもらっているし、酸素を吸ってもいる。みなさんが想像するような登山はできていないので」
 そう繰り返す姿に誠実さが表れる。偉大な山に登ることで、自分を大きく見せることだってできるだろうに。
 山登りは、みながそれぞれのレベルで楽しむことができる間口の広さをもっている。それでいて心の有り様と深く結びついているので、標高でははかりしれない奥行きがある。とはいえ、8000m峰ともなると、さすがに超人的な行為なのでは。
 そんな素朴な疑問を口にすると、そんなことはないと説明するのに疲れてしまって、と困り顔。
「わたしがどのくらい普通かっていうと……」
 そう言うと、いままで歩いてきた、鎌倉の小さな裏山を振り返った。
「何度か息切れがして、しんどいよって、喉まで出かかったくらいだから」
 びっくりでしょうと頬を緩め、岩田さんはにっこりと笑った。

 彼女が山と出合ったのは30歳を過ぎた頃、きっかけは鬱だった。自ら仕事を詰めこみすぎる一方で、私生活もうまくいかない。そうした状況を説明しようにも、言葉が出てこず、呼吸もままならず、涙がぽろぽろこぼれるばかり。
「人の目が怖いので、部屋にずっと籠もっていました。そのうち、それにも息が詰まり、人のいないところに行こうとバイクに乗って出かけたんです」
 旅先でツーリングマップを開くと、そこに山があることに気づく。そうして地図を持つことも知らぬまま、山裾を歩きはじめた。
「息もできないくらいだったのに、山に行くと体が動く。それが単純に嬉しかったんです」
 外からの情報を遮断するように、山道へと踏み出す。黙々と歩いてゆくと、日常をわずらわす想念が霧散し、呼吸をしていること、筋肉を使っていることに集中できた。山頂に近づき、歩くのが辛くなってゆくと、そんなことを意識する余裕すらなくなり、頭のなかはさらにクリアになってゆく。
「自身を冷静に見つめ、心を整理してゆくことが、当時のわたしにとって大切だったんです」
 ところが、知識を持たぬまま、吸い寄せられるように山へと向かうなかで、あるとき道に迷ってしまう。
「こんなことをしていてはだめだと思いいたるうちに、百名山というものがあることを知りました。人のいる山ならば大丈夫だろうと思い、登りはじめたんです」
 人のいないところに行きたかったのに。そう言って笑いながら、言葉を続ける。
「ひとりで山に登っていると、登山者や地元の方々が声をかけてくれる。誰のことも信じられない時期だったから、見ず知らずの人が温かく接してくださることが、救いになったのだと思います」
 その一方で、自分の身を守るためにきちんと山を学びたいと思った。
「ガイド登山という登り方があることを知り、お願いをしようと思いました。ただ、事前になにを教えてくれるかを把握しておいたほうがいいだろうと、教本を買って勉強をはじめたんです」
 そうして3年ほどの間に80の百名山を登る。しだいに海外の山にも目を向け、マレーシアのキナバル山(4095m)へと足を延ばした。次に目指すのは、ネパールのアンナプルナサーキット(8091mのアンナプルナを周遊する、230kmのトレッキングコース)だ。
「そんな夢を描いていた頃に、参加したバックカントリーツアーで、ガイドさんとリフトが一緒になった。何気なく、ネパールに行ったことはありますか、ってたずねたんです」
 声をかけたのは、国際山岳ガイドにして、ヒマラヤをはじめとした高所登山のスペシャリストである近藤謙司さんだった。すると「アンナプルナもいいけれど、1カ月後にエベレストに行くから、ベースキャンプ(5364m)まで一緒に来ないか」と誘われた。
「これも縁だと思い、近藤さんの素性も知らないまま、当時勤めていた会社を辞めて、エベレスト遠征についていったんです」
 この2013年の旅では、山頂を目指す隊員とともに高度順応のためロブチェ・ピーク(6119m)へと登るのだが、標高4000mほどの地点で過呼吸を起こし、気管支の障害をともなって倒れこんだ。
「呼吸していることが認識できずパニックになり、意識不明に。気がつくとシュラフを3枚重ねてもらい、エベレストで使うはずの大切な酸素を吸わせてもらっていました」
 トイレに行くのにも抱きかかえられるような状況のなかで、譫言のように「大丈夫です、登れます」と繰り返す。
「考えてみると、キナバルでも具合が悪くなり、戻していました。ロブチェ・ピークに立てたのは、本当に近藤さんのおかげです」
 体調が回復すると、ベースキャンプにおいて、上部キャンプとの無線交信、日本との連絡、遠征隊のブログ更新や記録撮影などの仕事におおわらわ。キャンプを切り盛りしながら、登山者を見送っては迎え入れる。登頂できた人、できなかった人、登頂できたものの廃人のように倒れこむ人……数々のドラマとともに、高所登山の現場を目の当たりにした。
「いつかここに戻ってきたい。そのときのためにも、もっと高所に強くなりたいと思ったんです」

1 2 3
 
 
ライター
麻生弘毅

1973年生まれ、フリーランスライター。カヤックやバックパッキングなどによる、長い旅が好き。著書に北極圏の泥酔紀行『マッケンジー彷徨』(枻出版社)がある。

line_box_foot