line_box_head

外遊び好きのカフェ店長が伝授!「ものぐさオトコの山ごはん」⑧ 2分で作る山ピラフ2種

(2016.10.13)

ごはんのTOP

icon

 ひとりで行く軽いソロハイクでは、みなさんも朝イチ電車に乗る前にコンビニで昼ごはんを買う人が多いと思うんだけど、やっぱり温かい食事を食べたくない?ってことで「コンビニ食材を利用した山ごはんレシピを紹介していこう」というのがこの連載。連載8回目もまたまたコンビニおにぎりレシピをご紹介。
 今回はピラフ。

 しかも2バリエーション。作るのは「カレーピラフ」と「エビピラフ」。超簡単だからちょっとだけ贅沢?にしてみました。どちらも具材を変えれば無限の可能性のあるレシピです。

 用意するのはコチラ。今回は2食分。
 具は枝豆とゆで卵。枝豆は全部は使わないので食べながら作業しましょう。枝豆をつまみながらサヤから豆だけ出しておきます。

 これに調味料が少しあればOKです。

 ではまずはカレーピラフ。

 ベースに使うおにぎりはツナマヨです。コッヘルにバターを落としてほぐした枝豆を適量とおにぎりをのっけます。
 スプーンなどでほぐしながら加熱していきます。その間にゆで卵を細かくカットします。せっかくの半熟なので最後の方に加熱しましょう。

 十分おにぎりを加熱できたらカレー粉、コショウ、塩を適量振りかけます。塩は分量が多くならないように味を見ながら調節。焦がさないように注意してかき混ぜます。
 で、先ほどカットしたゆで卵をまぜたらカレーピラフの完成です。
食欲をそそる「カレーピラフ」
 2つ目のレシピ「エビピラフ」はたまたまコンビニにエビピラフおにぎりが売っていたので作りたくなりましたが、鮭おにぎりで鮭のピラフを作るのもイイでしょう。

 行程はすべて同じですがカレー粉の変わりにコンソメの素にするだけで全然違うピラフになるんです。
カレー粉をコンソメにかえた「エビピラフ」
 見た目は変わらないけどコチラはコチラで美味しい! レモン絞ってもイイかも。鮭おにぎりならパセリとレモンがあれば鮭のレモンバターピラフができるね。

 逆に具ナシでおにぎりだけでも十分美味しいので試してみてね。ただ、色味がないからすごく寂しい絵になるんだけど(笑)

 次号もまだまだ続くおにぎりレシピだ!!!
(文=BASE CAMP A-suke)

 
 
ライター
A-suke

アウトドアをコンセプトにした東京水道橋のカフェ「BASE CAMP」店長。 アウトドア料理関連の仕事の他にもワークショップ、グッズの企画/デザイン、イベント出典など、活動は多岐。ハンティングやフライフィッシングなど狩猟採集にも精通し、食とアウトドアを結ぶさまざまな遊びを提案中!http://www.cafe-basecamp.com/

line_box_foot