line_box_head

韓国最高峰・ハルラ山へ! 高橋庄太郎氏がゆく済州島REAL BACKPACKING

(2017.05.30)

登山のTOP

icon

Akimama夏の大特集【REAL BACKPACKING WITH GREGORY】では、冒険家からさすらいの旅人まで、様々なアウトドアのプロフェッションナルをフューチャー。今回は、今や毎月〝登山専門誌で姿を見ない号はない〟という人気フリーライター高橋庄太郎さんが、お隣の国で体験した山旅を綴ります!
山と旅の道具を背負い、いざ韓国へ

 韓国は僕が好きな国のひとつだ。

 なぜか? 

 まずは、人がいい。これまでに出会った人はみんな本当に親切で、友達として長く付き合いが続く人もいる。昨今の日韓関係の悪化は、韓国人と付き合ったことがない日本人、日本人と付き合ったことがない韓国人が引き起こしているに違いない。
 そして、メシがうまい。ひょっとしたら、僕は和食よりも韓国料理のほうが好きなのではないかとさえ思うほどだ。
 山好きが多いというのも、共感がもてる。季節を問わず、日本の山で韓国人を見かけることも、もはや珍しくない。

 そういえば、以前、エベレストのベースキャンプまで歩いたとき、高山病でフラフラになった僕を助けてくれたのは、韓国の人だった。たまたま宿でいっしょになった韓国登山隊の医師が、僕の手のツボにいくつもの針を打ち、頭痛と息苦しさをぐっと軽減してくれたのだ。食欲があるならばと、キムチ風味のスープもごちそうしてくれたっけ。

 だけど、韓国の自然はどうなんだろう……。僕は以前、韓国の名山・雪岳山(ソラク山)の麓に行ったことはあるが、韓国の山を本格的に歩いたことはないのだった。

 そんなわけで、僕が今回向かうのは、漢拏山(ハルラ山)。標高1,950m、韓国の大リゾート地であり、韓国唯一の世界自然遺産でもある済州島(チェジュ島)の中央に位置する、同国の最高峰だ。その山頂部には大きな爆裂火口があり、迫力ある景色が広がっているらしい。その国の最高峰で火山という意味では富士山、世界遺産の島に屹立する山という意味では屋久島の宮之浦岳。そんなイメージが重なる。

 今年の春、僕は日本海(韓国では東海といいたいのだろうけど……)に浮かぶ済州島へ飛んだ。

 今回のお供は、グレゴリーの「ズール35」。夏場の小屋泊まりに重宝しそうな容量で、日帰り登山ならばかなり余裕があるサイズ感だ。一方、無駄な荷物を減らせば、今回のような近場の海外旅行にも便利な大きさである。

 初日は日本からの移動のみ。僕はホテルに荷物を置くと、街のなかを早速ブラつく。小雨は降っているが、明日は晴れるという天気予報だから、気分は明るい。
 景気づけに、メシは初日から焼肉である。とりあえず「メッチュチュセヨ パリパリ」といいながら、ひと通り注文。韓国料理は適当に頼んでも失敗がないのがすばらしい。
 ちなみに「メッチュ」「チュセヨ」「パリパリ」。これらは僕がはじめに覚えた韓国語だ。正確な発音はわからないが、「メッチュ チュセヨ」で「ビールください」。で、「パリパリ」が「早く早く」というわけ。酒に強くない僕がこのフレーズをすぐに覚えたのは、まわりに酒好きが多いからだろう……。

歩き甲斐のあるコースで向かうハルラ山

 翌朝はタクシーで観音寺コースの入口へ。登山口までのバスがないからだが、日本円で2,000円ほどだ。韓国はタクシー料金が低いのも高ポイントである。

 登山口には「世界自然遺産」を説明する立派な看板。しかし他の登山者の姿はごくわずかだ。ハルラ山は絶大な人気を誇る山だと聞いていたが、静かなものである。

 じつはこの観音寺コース、5つあるハルラ山の登山道の中で、風景のよさはトップ級だが、同時にいちばんハードらしいのだ。だが、そのために比較的人影が少なそうだと、僕はこのコースを選択していた。だから、この静かさは「作戦成功」の証ともいえなくもない。
 駐車場からはじめに階段を上がり、とうとう出発。さて、ハルラ山はどんな風景で僕を待っているのだろう?

 途中にある看板には、山頂までのコースが色分けして表現されていた。緑が「イージー」、黄色が「ノーマル」、赤が「ディフィカルト」というわけだ。ハードだという今回の観音寺コース、いやはやたしかに「赤」の区間が長いな……。
 この表示は視覚的に非常にわかりやすい。これなら、山慣れしていない人でも簡単に行程がイメージでき、歩行ペースを考える目安にできるだろう。

 ハルラ山には、ほかにも感心する工夫が随所に見られた。
(左)生態系を破壊しかねない外部の植物の種などが含まれる泥を、ブーツから落とすための水道。ジェット式で水圧が高く、泥落としに手間がかからない。(右)山中の目印としてポピュラーな赤いテープ。だが、ハルラ山のものはかなり肉厚だ。日本でよく見かけるもののように簡単には破れ落ちず、長く使えそうである(左)ファーストエイドのキットも防水してきれいに保管されている。目立つ場所に、しかも中身が見えるガラスの扉にしてあるのがポイントだ。(右)歩行ペースの目安を知らせる時間を知らせる掲示。英語の一部のスペルは間違っているように思えるが、「12時30分前にここを通過すれば、山頂に立てる」と書いてある。言い換えれば、「12時30分までにここを通過できないようでは、山頂を経由して明るいうちに下山できない」ということだ。この黄色い表示は、山中の各所で見られた。注意喚起に効果的である
 これらの写真で紹介した試みは、日本でも一部では実行されていることである。だが、さすがハルラ山は観光客も多く訪れる世界遺産。外国人の僕でもひと目でわかるように、徹底的にわかりやすくなっているのがいい。

「イージー」な区間は、たしかにイージーだ。無理に標高を上げている感覚はほとんどなく、なだらかに起伏する登山道の脇には笹が生い茂り、なかなかよい雰囲気である。
 ハルラ山は火山だけあり、溶岩でできた岩場には深い穴が空き、深くえぐられた沢には冷たそうな水が流れている。ひと口飲んだらおいしいのかもしれない。
 ただし、雨が降ると激流になるらしく、どこにも魚の姿は見られない。だが、ときどきオタマジャクシが泳いでいるのがかわいらしい。

 標高620mの登山口から始まった観音寺コースは、快調に歩いているうちにいつしか1,000m地点を通過。とはいえ、山頂までの標高差は1,330mもあるわけだから、まだ先は長いのだ。
 僕はなにやら「男」と大きく書かれたペットボトル飲料でのどを潤す。これは二日酔いに効くホッケ茶というもののようだ。正直なところ、あまりおいしくなかったが、男たるもの、これを飲まないでどうする?

 急登が続く「ディフィカルト」な道を登っていくと、観音寺コースの見どころのひとつ「三角峰」に出る。クライマーにはたまらないだろうと思われる険しい岩峰だ。ほれぼれといつまでも眺めてしまうほど、迫力がある。
 もう少し先の時期、新緑が芽生えているころであれば、もっと美しかっただろう。今回はちょっと早かったかな。

 三角峰を過ぎると、ハルラ山はますます荒々しい雰囲気を醸し出してくる。以前は大噴火があったことを想像させる切り立った岩場が頭上に並び、その下には森と草原が広がっている。この場所は、いかにも僕好みだ。
 谷間には水場もあり、テントを張れそうなスペースも見受けられる。テント泊好きの男としては、こっそり1泊したくなるが、ハルラ山一帯はキャンプは禁止なのだ。むむ、残念。

1 2 3
 
 
ライター
高橋庄太郎

1970年宮城県仙台市生まれ。高校の山岳部で山歩きをはじめ、大学卒業後は出版社に入社。その後、フリーランスの山岳/アウトドアライターとして活動している。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)、『ソロ山行ステップアップ術』(地球丸)など。公式ブログ「Travellers Tune

line_box_foot