line_box_head

地球を滑る旅 No.5 ロシア編「近くて遠いウォッカの国の、近いところと遠いところ」

(2018.10.15)

カルチャーのTOP

icon

2012年から中近東、アフリカ、北大西洋、中央アジアと旅してきたプロスキーヤー・児玉 毅(こだまたけし)さんと、カメラマンのサトウケイさん。「地球を滑る旅」と題して、児玉さんの好奇心のままに旅を重ねてきた彼らに、大きな難関が立ちはだかります。絶対におろそかにはできない出来事を真正面から受け止めつつも、スキーヤー&フォトグラファーとしてのプロジェクトも遂行したい。その想いの先にあったのは、まさに地球を股にかけたドッタバタの数週間でした。話は、2017年へと遡ります。

今回滑りに行った国
地名:ロシア連邦
面積:約1707万㎢(世界一 日本の約45倍)
人口:約14680万人(日本の約1.16倍)
通貨:ロシア・ルーブル(1ロシア・ルーブル≒1.71円)
公用語:ロシア語

家庭の都合を乗り越えて

 

 ここ数年、3月から4月にかけては「地球を滑る旅」に出ていた。この時期は、スキー・スノーボードを生業とする我々にとってもっとも忙しい時期が終わり、色々と余裕が出る時期なのだ。2016−2017シーズンも例年のように、1月〜2月のスケジュールはどんどん埋まっていき、おのずと3月末〜4月にかけて、旅に出ることになりそうだった。しかし......。

 超プライベートな都合なのだが、3月末に次男坊の卒園式があり、4月上旬には小学校の入学式を控えていた。

「ケイ、悪い! かくかくしかじか、そういうわけで、今回はまとまった期間がとれないんだよね......」

 しかし、ケイは何のためらいもなく言うのだった。

「卒園式に入学式......。そりゃあ絶対に行かなきゃだめだよ」

「すまんね〜」

「そこを外して行けばいいだけじゃん。で、どれくらい期間がとれそうなの?」

「う〜ん、卒園式と入学式の間で1週間。入学式の後に2週間......」

「なるほど......、そりゃあ厳しいね!! (笑)」

 今まで旅をしてきて、1回の旅に3週間は必要だと感じていたのだ。

サハリンには、日本からもっとも近い海外のスキー場がある。今まで色々な国を滑りに行ったけど、灯台下暗しとはこのことだ

「参ったね〜。今年は難しいかなぁ......」

 ケイが珍しく困った表情を浮かべた。

「2回に分けて行くとか、どうだろう?」

 俺は苦し紛れな冗談を言った。

「がはは。いいね! って言いたいけど、そもそも1週間で行って帰ってこれる海外のスキーエリアなんて......」

「ないよね〜(笑)」

 途方にくれながら、世界地図をぼんやり眺めていた。その時、気づいてしまった。

「ケイ! あるよ!」

「へ?」

 何で今まで気づかなかったんだ? 俺たちが住んでいる北海道から、圧倒的な近さにあるじゃないか。北海道から宗谷岬を隔てた北の果てに、日本から一番近い外国、サハリンがある。

  • ロシア国旗とサハリンの州旗。サハリン州には北方領土も含まれるのか......。様々な重い歴史を持つ場所に来たんだな〜としみじみ思う
  • 戦前、日本が建てた樺太庁博物館が、そのままサハリン州郷土博物館として地元の人々に親しまれている

 サハリンにスキー場がある話は、風の噂程度に聞いていた。新千歳空港から片道1時間半で行けるサハリンならば、たった1週間の旅程でも、
十分にスキーと旅が楽しめそうだ。

「1週間は決まりだね。じゃあ、残りの2週間はどうする?」

 ケイが嬉しそうに言った。サハリンに行くなら、もう1箇所もロシアしかないだろう。しかし、一言でロシアと言っても、何せ世界で最も広い国である。オリンピックで知られるようになったソチ周辺のコーカサス地方は、ヨーロッパから大勢のスキーヤーが訪れるリゾート地だ。手付かずの大自然が残されているカムチャツカ半島も捨てがたいし、古代スキーの発祥地と呼ばれるアルタイ山脈も、一生に一度は行ってみたい場所だ。

 ロシアにあるスキー場を徹底的に調査していると、あるひとつのスキー場が浮上した。

「こんなところに......?」

 そもそも、ここがロシアだったとは知らなかった。そこは、まるで階段の踊り場のように、陽の当たらない場所だったのだ。ロシアの極西の極北に、スカンジナビア半島から突き出たイボのような半島が存在する。そこはコラ半島といい、調べれば調べるほど、謎に包まれた地域だった。

 世界一広い国の南東端と北西端にシュプールを刻む旅......。なんだかめっちゃ面白そうではないか。2回も国際線を往復するので、出費はかさんでしまい、ケイには迷惑をかけてしまうけど、俺のプライベートの都合で選択肢が制限されなければ、絶対に思いつかないプランだった。結果オーライとはこのことである! (ケイごめん! )

 
 

1 2 3 4 5 6
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot