line_box_head

地球を滑る旅 No.3 アイスランド編「人口密度はスッカスカ、自然の厳しさビッシビシの桃源郷」

(2018.09.11)

カルチャーのTOP

icon

好奇心を推進力に、その地に息づく独特のスキー文化を求めて旅をする「地球を滑る旅 〜Ride the Earth〜」プロジェクト。下調べなしの出たとこ勝負でフリースタイルな旅程を刻む様子は、すでに発売されているフォトブックで詳細に語られています。が、それらの旅を振り返り、改めてそれぞれの旅のもっとも核心的で革新的だったパートをAkimama用に書き下ろし! そんなスペシャルな連載も今回で3カ国目。プロスキーヤー・児玉 毅とカメラマン・サトウケイの二人はググっとスキーヤーの気持ちに沿った、あの国に向けて旅立ちました。時は2015年の冬のことです。

今回滑りに行った国
国名:アイスランド
面積:約103000㎢(日本の約1/4)
人口:約337600人(日本の約1/370)
通貨:アイスランド・クローナ(1アイスランド・クローナ≒1円)
公用語:アイスランド語

気になっていた島国

 

『そんなところでスキーなんてできんのかよ!』とツッコミが入る国が2回続いた、我々の「地球を滑る旅」。プロジェクトの出だしとしてインパクトを重視したのは確かだけれど、必ずしも意外性だけを狙っているわけではない。スキーのイメージがしっかりある国だって構想の中にある。そのような国でも実際行ってみると、新しい発見の連続なのを知っているからだ。

 旅をシリーズ化していく上で結構大切にしているのは、他の旅とのバランスだ。思い起こせば、レバノンとモロッコは地理的に全く違う場所にありながらも、何かと共通点が多い国だった。

  • レバノンのベイルートにて。埃っぽい空気とカオスな交通事情はモロッコとも共通していた
  • モロッコのメルズーガ大砂丘。乾燥した気候は、レバノンとも共通していた

 例えば、イスラム教徒の国であること。フランスの影響を受けていること。運転がマナーがかなりやばいこと。乾燥した気候であること。

「3回目となる今回は、思い切って真逆のタイプの国に行こう!」

 と提案したのは俺だった。要するに、イスラム教の国ではなく、フランスの影響を受けておらず、運転マナーがとても良くて、乾燥していない気候であること。それらを総合してイメージしてみると、真っ先に頭の中に北欧の風が吹き始めた。

 世界三大ウザい国のモロッコ(失礼! でもそれが旅の正直な感想なのだ)とは対照的に、口数が少ない人々。フランス人などに比べると繊細な気質。清涼感がありそうな気候と、日本以上の運転マナー。そうだ。北欧に行こうじゃないか。『へ? 似合わね〜!』と言われようがなんだろうが、行こうじゃないか。

 北欧といえば、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、ブリテン諸島、バルト3国、そして、ひときわ異彩を放つアイスランド......。

 そうなのだ。このアイスランド、小学生の頃からずっと気になって仕方なかった国なのだ。小学生にとって、アイスランドという地名はインパクトが強すぎる。実際、我が家の向かいに住んでいるケイタ(小学1年生)に、

「アイスランドに、アイスクリームの山を滑りに行ってくるよ!」

 と伝えると、興奮のあまり、叫びながらそこら中をダッシュしていた。

 というわけで(?)、あっさりアイスランド行きを決め、あっという間に出発の日を迎えたのだが、例によって、俺たちはアイスランドのことを何も知らなかった。知っていることといえば、地図上の白い島(南極大陸、グリーンランド、アイスランド)の中で一番小さいところだということ。あとは、度々話題になる火山のことくらいだろうか。

躍動する大自然と、繊細な北欧文化。それ以外に何も知らないけど、実際に行ってみなければ何もわからない。スキーは多分(?)できると思う

 少し調べてみると、この国の面積は北海道と四国を足した面積にぼぼ等しく、人口は旭川市と同じくらい。人口のほとんどが首都レイキャビックに集中しているので、乱暴に言ってしまえば、その他にはほとんど人がいないのだ。

 人口密度スッカスカの大地には躍動する火山があり、その恩恵で温泉が湧き、豪快な滝が無数にあり、荒れ狂う豊かな海があるという。そんな大自然に翻弄されながら、果たしてどんなスキーができるのだろうか......。

 飛行機が着陸態勢に入った。窓の外を眺めると、夕焼けに沈んだ凍てついた大地を見下ろすことができた。モロッコ行きの飛行機からはサハラ砂漠を見下ろしたが、今度は白一色の広大な氷床だ。スキーを背負ってわざわざ遠くまで来たという、ほとんど誰にも理解してもらえない喜びが、じわじわと湧き上がって来た。

1 2 3 4 5
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot