line_box_head

【新連載】地球を滑る旅 No.1 レバノン編 「行ってみないと始まらない! だから滑りに行ってみた」

(2018.07.31)

カルチャーのTOP

icon

いよいよ「地球を滑る旅 〜Ride the Earth〜」の始まりです。プロスキーヤー・児玉 毅(こだまたけし)さんとカメラマン・サトウケイさんによる、旅9割、滑り1割という異色のスキートリッププロジェクト。
 もとよりすべての旅は筋書きのないドラマであることは承知のうえですが、それを差し引いてもこの旅は濃すぎます。行く先々で巻き起こるさまざまな出来事に、僕らはただ笑い、驚き、ときに感心させられるばかり。旅の全貌はすでに発売になっている「Ride the Earth Photobook   LEBANON」に写真と文章とで詳しく記されています。今回からはそのフォトブックのダイジェスト版をご紹介。まずは2012年、「地球を滑る旅」の記念すべき初回訪問国となったレバノンのお話です。え? レバノンって暑そうじゃない? スキーなんてできるの? そんな素朴な疑問こそが、この旅の原動力。スキーとカメラを抱えて、まだ見ぬ地へと向かう。そんなふたりの旅の幕開けです。

 

今回滑りに行った国
国名:レバノン共和国
面積:約10400㎢(日本の約1/36)
人口:約426万人(日本の約1/29)
通貨:レバノン・ポンド(1レバノン・ポンド≒0.073円)
公用語:アラビア語

 

 

スキーイメージ=ゼロの国へ

「地球を滑る旅」というタイトルで見切り発車したプロジェクトだったが、旅の行き先はなかなか決まらなかった。行きたいところは無限にあるけれど、どこも決定打にかけていた。記念すべき最初の旅だけに、一発目はコレ!という特大のインパクトが欲しかった。

 が、行き先はひょんなことから決まるものだ。ボケ〜っとテレビを見ていた時、番組の中でたまたまレバノンを紹介するコーナーがあった。その中でほんの2秒ほど、真白な雪山が画面に映り込んだのだ。
「!!!」
 あまりの衝撃に、飲んでいたコーヒーをこぼしてしまった。レバノンのイメージと、雪山とがまったくもって結びつかなかったのだ。

 地図帳を見るとレバノンは地中海の東沿岸にある、イスラエルとシリアに隣接した小国だった。色々調べてみるが、さまざまな紛争やテロのことしかヒットしない。俺の見間違いだったのだろうか。

 だが諦めずに調べ続けるうちに、レバノンの首都ベイルートから2時間圏内に地中海を望むスキー場があるという有力情報を入手した。なんだろうか、このドキドキともワクワクともハラハラとも言えない奇妙な胸の高鳴りは。俺にはもう、レバノンに向かわない理由が見つからなかった。

「レバノンに行こう」
 そう決めてから細かく調べ上げて行くと、そもそもなぜレバノンにスキー場があることが日本でまったく知られていないかが分かってきた。

 

 まず外務省が出している海外渡航者のためのハザードマップを見ると、レバノンの大半がオレンジ色に塗られていることに気づく。ちなみに日本やアメリカ、ヨーロッパなどは白(安全)で、インドやペルーなど軽犯罪が多い国は黄色。かなり危険な場所がオレンジで、アフガニスタンやシリアなど、ヤバすぎて絶対行くべきじゃない場所は赤で色分けされている。

俺  「う〜ん……どう思う?」
ケイ 「よく見たら、スキー場のある場所は黄色だよ。」
二人 「……。なら大丈夫か!」

 こうして、俺とケイは、現地の情報ゼロ、英会話能力ゼロ、計画性ゼロのゼロ尽くしで、晴れ晴れしく日本を出発したのであった。

1 2 3 4 5
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot