line_box_head

【新連載】スキーとカメラを抱えたふたり旅 ・地球を滑る旅 No.0プロローグ編「世界の雪山を滑る旅へ」

(2018.07.19)

カルチャーのTOP

icon

登場人物

2014年、オカイムデンスキー場(モロッコ)にて。滑った後に撮った珍しいツーショット写真

  • 児玉 毅(こだまたけし)
    職業:プロスキーヤー
    家族:妻とふたりの子ども
    性格:好奇心旺盛、止まらない行動力
  • サトウケイ
    職業:カメラマン
    前職:月給制の安定した仕事
    性格:マイペース、在るものを楽しむ

 

一生世界の雪山を旅して、滑りまくってやる宣言

 
「こりゃ、まずいぞ……」

 世界の雪山をざっと見渡したとき、俺は愕然としてしまった。美しいスキー場から謎めいたスキー場まで、行きたい山は世界各地に散らばっている。その数、少なく見積もっても500ヶ所以上。どう考えても全部を滑り尽くすなんて、スキーヤーとして何度か産まれ変わらなければ不可能だ。

「こうしちゃいられない!」

 とすぐにスキーバッグを担ごうとしたけれど、あいにく世界の国々を好きにハシゴしていた独身時代とは生活環境が変わっていた。俺は共働きの奥さんが子育て奮闘中なのを横目に、今までどおり風を道しるべに舐めた指を高くあげて旅できるほど大胆な性格ではなかった。

 そのときだ。この上なくすばらしいアイディアが脳ミソを突き抜けた。

「本を作ってみるか……」

 自分の活動を後世に伝えたい、子どもたちにメッセージを残したい、などの耳障りのいい目的を語れば『滑りた〜い!旅した〜い!』というノーテンキな欲求をカモフラージュできるし、もしもシリーズ化することができれば、旅を企画するたびに奥さんにお伺いを立てるというプロセスから解放されるという夢プランだった。

 こうして俺は自分の足腰が立つ限り、重たいスキーバッグを担いで地球の輪郭をなぞるようにスキーをしまくる第二のスキー人生を決意し、スタートさせたのだった。

 いっぽう、俺の『一生世界の雪山を旅して、滑りまくってやる宣言』と時を同じくして会社員という安定のポジションを捨て、一生世界の雪山を旅して写真を撮りまくってやる宣言をしたひとりの男に出会った。それが、旅の相棒であるkeyphotoことサトウケイである。
(文・児玉 毅)

 

旅を続けてきたプロスキーヤー・タケさん(=児玉 毅・こだまたけし)と、自然の山に踏み込んでスキーやスノーボードの躍動的なショットを狙うカメラマンのケイ君(=keyphoto・サトウケイ)。ふたりが2012年から続けているのが、「地球を滑る旅」と題したプロジェクトです。

 実はこの旅、スタート以来スキー・スノーボード業界では大人気。本気で滑りながらも、思い切り自由に旅をする。そんな姿勢が多くの人たちの気持ちを掴み、過去に発売されている5冊のフォトブックはいずれも大反響を呼びました。

 そのプロジェクト6カ国目のフォトブック発売を控えて、Akimamaではこの秋、先行旅行記としてプレビュー版を掲載することとなりました。それに伴って、過去5冊のフォトブックのダイジェスト版を連載形式でお届けします。

 が、このユニークな旅を楽しんでいただくには、登場人物するふたりのキャラクターをご理解いただくのがいちばんの近道。というわけで今回は「地球を滑る旅 No.0」としてタケさん&ケイ君に、この旅のバックグラウンドをたずねてみました。

 

  • グルマルグスキー場(カシミール)で宿泊していたホテル。1日目にして部屋は生活臭いっぱい(笑)
  • ニューデリー(インド)でリクシャーに乗って。このとき、スリや詐欺の被害に一通り遭った

■まずは「地球を滑る旅 Ride the Earth」ってどんな旅ですか?

タケ「前文にも書いたんですけど、滑ったことない場所、滑ったことないスキー場ってものすごくたくさんあるわけですよ。そこをなるべくたくさん滑りたい。僕は大学卒業してからすぐにアメリカにスキー武者修行の旅に行ったんですよ。漠然とスキーの楽園を探して、理想の場所はどこにあるんだ? って思いながらスキーを抱えてうろうろしてた。目的はあるけど目的地は決まってない旅。そもそも、そういう直感だけで向かっていく旅からすべてが始まってるんですよね」

ケイ「僕からしたらこれは、スキーヤー・児玉 毅を被写体にして、タケちゃんの想いを撮りたいっていう気持ちが強いかな。そのなかで、やっぱり新鮮な感動を写真にしていきたい。児玉 毅といっしょに旅をして、その旅を自分の感性で形にしたいって部分は大きいんですよ」

タケ「まぁそう言っていっしょに旅に出てくれて、もう6カ国行きましたからね。ホント、奇特な人ですよ、ケイ君は(笑)」

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot