line_box_head

知られざる地域の魅力を再発見! えひめ東予で、究極の美味しいもの探し。

(2019.09.26)

カルチャーのTOP

icon

 そして、ふたりは、オーナーから聞いた情報をもとに、伊予西条へ! 

 扇状地でもある西条市は、石鎚山系に降った雨が伏流水となって、すべて集まり、日照りが多い夏でも、水が枯れない「水の都」です。そんな西条市は、地下15メートルから30メートルにパイプを打ち込むと、自然と地下水が湧き出る「うちぬき」と呼ばれる自噴井が市内に3000本もあり、日本一のおいしい水が、なんと無料で飲み放題!の町なのです。期間中は、西条の豊かな水を巡り、水の恵みを味わうガイドツアーなども行われています。


あーうまい。究極は、お水だよね。安全でおいしい水が、いつでも無料で飲めるって、世界から見れば天国だよ

お酒にしろ、食べ物にしろ、すべての源は、あの石鎚山に降った水なんだね。あらためて石鎚山に感謝しなきゃ

 霊峰石鎚山の山麓でもある西条市には、石鎚神社の本社があります。本社は、石鎚神社の拠点でもあり、瀬戸内海、しまなみ海道を見晴らす丘には荘厳な本殿があり、美しく手入れの行き届いた杜に囲まれています。

なんと、ここにも、また見覚えのある鎖場が!

 石鎚山をめざすことからはじまったふたりの旅は、ここ、伊予西条の石鎚神社が終着地点となりました。

 「えひめさんさん物語」は、11月24日まで、まだまだ続きます。旅はいつでも新しい発見に満ちています。そんな旅を通して、それぞれの物語を見つけることができれば、きっと旅は思い出深いものになることでしょう。東予はこれから、またいい季節を迎えます。ぜひ、みなさんも四国東予へと出かけてみてはいかがでしょう。

 ここからふたりは、瀬戸内海をオレンジフェリーで渡り、四国を後にしました。行きは夜行寝台で、そして帰りはフェリーで。旅の行き帰りの行程も十分に満喫した今回の旅に乾杯! 

初の愛媛県でしたが、豊かな山、きれいな川、おいしい肴がとれる海、すべてがそろった楽しい、おいしい県でした。

今回の旅で出会った、たくさんの人たちにも感謝です。どうもありがとうございました。愛媛が好きになりました。


▼〈えひめさんさん物語〉すべての記事はコチラ▼

 

 

 

 

 

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot