line_box_head

ホーボージュン アジア放浪2カ国目ベトナム「幸福の黄色い星」

(2016.06.06)

アウトドアのTOP

icon


私たちの住む「アジア」を眺めてみると、

じつはまだまだ知られていない魅力的なトレイルが方々に……!

世界中を歩きめぐってきたサスライの旅人ホーボージュンが

そんなアジアへバックパッキングの旅へ出た。

前編に続き、後編のベトナム旅では何が待っていたのだろうか?

 
世界一のロープウェイと空飛ぶバケツたち

 真っ白な霧の向こうには黒い大きな影が浮かび上がっていた。階段を降りて近づくと、それは超近代的なガラス張りのビルだった。

「ウソだろ……」

 にわかには信じられない。僕は白昼夢でも見ているのかと思って、大きく息を吸い込んでみた。

「ハア、ハア、ハア」

 夢じゃない。空気が薄い。ここはやっぱり3,000m峰の山頂なのだ。

 恐る恐る足を踏み入れると大理石のロビーにはレッドカーペットが敷かれ、壁には高そうな絵画がかかっている。高級ホテルのようなフロントでは、モスグリーンのスーツに身を包んだコンシェルジュが、満面の笑みで僕を迎えてくれた。

「ようこそファンシーパン・レジェンドへ。下り線のキップでよろしいですか」

 驚くことにこれがロープウェイの駅だった。駅にはカフェやレストランが併設され、すぐ隣にはホテルや路面電車、仏教寺院までが建設中だった。ファンシーパン山頂をテーマパークにする大規模リゾート開発が進んでいたのである。

「はあ……」

 なんちゅーか、僕は完全に脱力してしまった。ここにはもはや“秘境感”はまるでない。すくなくともテントを背負って自分の足で登ってくるような山ではなくなっていた。
ロープウェイを軸とした山頂と山麓一帯のリゾートは『ファンシーパンレジェンド』と名付けられていた。とても3,000m峰の山頂とは思えない豪華な施設。ロープウェイの改札も磁気カードを使った自動改札なのだ。うへー
 でもまあ考えてみればヨーロッパアルプスの観光地も根っこは同じだ。マッターホルンを望むグレイシャーパラダイス展望台や、ユングフラウの有名なシルトホルンだって、最初はこうやってできたのだ。あとはグリーンツーリズムが根付くかどうか、大自然を愛で、リスペクトする土壌が生まれるかどうかだけだ。

 複雑な気持ちを抱えたまま、僕は世界最長のロープウェイに乗り込んだ。ガラス張りの巨大なゴンドラが、真っ白な空へ滑りはじめた。あたりはいぜんとして深い霧に覆われていて、窓からは何も見えない。

「あーあ……」

 僕は泣きたくなってしまった。せっかく日本からやって来たのに。せっかく山頂まで登ったのに……。
濃霧で1mm先も見えない。登頂ツアーで一緒だったカナダ人の二人も「オー・マイ・ガー!」
 その時だった。ゴンドラを覆っていた雲がスウッと切れ、とつぜん眼下の展望がひらけたのである。

「うわああああ!」

 それは息を呑むような光景だった。

 なんというか「ロープウェイ」のレベルを完全に超えている。地上までの距離が長すぎて現実感がまったくないのだ。まるで飛行船に乗っているようだ。足元の谷を見ていると吸い込まれてしまいそうで、高いところが大好きな僕でさえ、金玉がザワザワした。

 ゴンドラは飛ぶように降りていった。そのスピード感がまたすごい。全長6.3kmを15分で結ぶのだから平均時速は25km/h程度だが、音がしないのと高度差があるせいでやたら迫力がある。緑の山並みも眼下に光る棚田もビュンビュン飛ぶように後方へ消えていった。

 でもこの空中遊覧で一番面白かったのはバケツが空を飛んでいたことだ。

 じつはファンシーパンロープウェイの隣には、ひとまわり小さな作業用ロープウェイが架かっていた。工事用機材や材料を荷揚げするためのものだ。今回のロープウェイ建設に先だって架けられたもので、本来は工事が完成すれば撤去されるものだが、山頂ではいまだに大規模工事が続いているため、この作業用ケーブルもビュンビュンとフル稼働していた。

 ケーブルには十数メートルおきにバケツや木箱がぶら下げられていた。バケツの中には木材や鉄パイプ、セメントや工具らしきモノ、さらには野菜や米袋までが乗せられている。それがフラフラと空を飛んでいる光景はシュールで、ギャグ漫画みたいだった。

 ベトナム人てほんとうにテキトーだ。でも別にそれでもいいのかと、僕は思った。そもそも日本人が真面目すぎるのだ。もっと大らかでいいじゃないか。バケツだって空を飛ぶ。だったら僕らももっと気軽に生きようじゃないか。

 世界最長のロープウェイが教えてくれたものは、そんなシンプルな教えだった。

1 2 3 4 5
 
 
ライター
ホーボージュン

全天候型フリーライター。6,000mの高所登山からシーカヤックの外洋航海まで、フィールドとスタイルを問わない自由な旅を続けている。『山と渓谷』『ビーパル』『PEAKS』『Field Life』などアウトドア各誌で連載中。公式Twitterアカウントは「@hobojun

line_box_foot